もしも建物が話せたら
ホーム > 作品情報 > 映画「もしも建物が話せたら」
メニュー

もしも建物が話せたら

劇場公開日

解説

「もしも建物が話せたら、何を語るだろう?」という問いをテーマに、世界各国から集結した6人の監督たちがそれぞれ思い入れのある建物の声を描いたドキュメンタリー。ビム・ベンダースが製作総指揮を手がけ、ベンダースはドイツのベルリン・フィルハーモニーを、ロバート・レッドフォードは自身が幼少時にかかったポリオのワクチンを開発したソーク研究所を、オーストリアのドキュメンタリー作家ミハエル・グラウガーはロシア国立図書館を、「100,000年後の安全」のデンマーク人監督マイケル・マドセンは再犯率の低いノルウェーのハルデン刑務所を、ノルウェー人監督マルグレート・オリンは同じくノルウェーのオスロ・オペラハウスを、「スエリーの青空」のブラジル人監督カリム・アイノズはパリのポンピドゥ・センターを取り上げ、それぞれ独自の視点から建物の存在に迫った。

作品データ

原題 Cathedrals of Culture
製作年 2014年
製作国 ドイツ・デンマーク・ノルウェー・オーストリア・フランス・アメリカ・日本合作
配給 アップリンク
上映時間 165分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全7件)
  • 教養 教養と芸術という点に振りきっており、ドキュメンタリーが好きか建築物に興味があるかじゃないと、むちゃくちゃ退屈な時間を過ごすことになると思う。 基本的に建物の構造やどのようにして誰により造られたか... ...続きを読む

    ヨッシー ヨッシーさん  2016年5月22日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • デザインの大切さ 空間は無意識に影響するものとして、 とても大切にしているのが伝わってきました。 appleでもそうらしいですね。 ...続きを読む

    bomb1978 bomb1978さん  2016年3月14日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 普段見られない建物 刑務所だとか、図書館や音楽ホールの裏側だとか、 そんな所をその本人(建物)の本音を聴きながら めぐるのは楽しかったです。 これから特殊な建物に入るたび、自分で勝手に 建物の気持ちを想像してしまい... ...続きを読む

    chibirock chibirockさん  2016年3月9日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「もしも建物が話せたら」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi