ガルム・ウォーズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ガルム・ウォーズ」
メニュー

ガルム・ウォーズ

劇場公開日

解説

押井守監督が全編をカナダで撮影した異世界ファンタジー作品。「エイリアン2」のランス・ヘンリクセンら出演は全て外国人俳優で、全編英語で撮影されたが、日本公開にあたり、押井監督の「イノセンス」も手がけたスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが参加し、日本語吹き替え版が制作された。遥か古代、戦いの星アンヌンには、創造主ダナンが作ったクローン戦士「ガルム」が生息していた。ガルムはたとえ命を落としても、その個体の記憶をクローンの脳に転写することで、何世代も生き延びることができる。ダナンが星を去り、3つの部族が覇権を争う日々が続くアンヌン。ある日、それぞれ異なる部族のカラ、スケリグ、ウィドが戦場で出会い、ふとしたきっかけで3人は「ガルムの真実」を探る旅に出る。

スタッフ

監督
原作
押井守
脚本
ジェフリー・ガン
押井守
音楽
川井憲次
音響
トム・マイヤー
監督補
佐藤敦紀
衣装
竹田団吾
協力
スタジオジブリ
制作
Production I.G
日本語版プロデューサー
鈴木敏夫
日本語版演出
打越領一
日本語翻訳
原口真由美
宣伝コピー
虚淵玄

作品データ

原題 Garm Wars: The Last Druid
製作年 2014年
製作国 日本・カナダ合作
配給 東宝映像事業部
上映時間 92分
映倫区分 G
備考 ODS
オフィシャルサイト  

インタビュー

押井守監督&鈴木敏夫プロデューサー、両雄並び立っての大放談
インタビュー

構想から15年以上を費やした「ガルム・ウォーズ」が、ついに日本で公開を迎える押井守監督。日本語版のプロデューサーとして作品に新たな息吹を宿したスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー。出会いから30年余。気が置けない2人の対話は、互いに...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全24件)
  • 観終わった感じは悪くない ネタバレ! 架空の世界の神と人間が共存してる神話時代の話なんだよね。神は宇宙人なのかな。 伝説の種族の生き残りがいて、それを操ろうとする人がいて、敵がいて。ヒロインは敵の男と戦いを通じて心が通い合って。 「... ...続きを読む

    Scott Scottさん  2016年6月12日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 映像もストーリーもだめ ネタバレ! とりあえず思いつくダメ出しを^^; ガルム達がクローンという設定のせいか、感情に乏しく意味のない戦闘をさせられているにもかかわらず悲壮感がないので感情移入できない。そこがブレードランナーと違う。... ...続きを読む

    月野沙漠 月野沙漠さん  2016年6月6日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 壮大な序章 独自の用語がバンバン出てくるので、字幕がないのは辛かった。正直、CGのレベルはとても低い。物語自体もいよいよこれから壮大な物語が始まるというところで終わるので残念。全ては予算不足ゆえか。川井憲次... ...続きを読む

    kensugi9999 kensugi9999さん  2016年6月6日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ガルム・ウォーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi