「僕の戦争」を探して
ホーム > 作品情報 > 映画「「僕の戦争」を探して」
メニュー

「僕の戦争」を探して

解説

ジョン・レノンを愛する英語教師が、憧れのレノンに会うためにたどる旅を描いたハートウォーミングなロードムービー。本国スペインでは、第28回ゴヤ賞で作品賞や監督賞ほか主要6部門を受賞。1966年、ジョン・レノンが映画「ジョン・レノンの僕の戦争」の撮影ためスペインを訪れてると知った英語教師のアントニオ。普段の授業でもビートルズの歌詞を使って英語を教えるなど、ビートルズファンのアントニオは、憧れのレノンに会おうと撮影地まで車を走らせる。道中、何かから逃げている様子の若い女性ヘレンと家出少年のファンホと出会い、3人の不思議な旅が続く。2014年・第11回ラテンビート映画祭で上映された(映画祭時は英題「Living Is Easy with Eyes Closed」で上映)。

スタッフ

監督
製作
クリスティナ・ウエテ
脚本
デビッド・トルエバ
音楽
パット・メセニー
チャーリー・ヘイデン

キャスト

作品データ

原題 Vivir es facil con los ojos cerrados
製作年 2013年
製作国 スペイン
上映時間 105分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全6件)
  • 心地よい あだ名を聞いて鳥肌立ったのは名前を聞いて鳥肌立った「菊次郎の夏」以来。 戦争映画かと思ってたら、ロードムービーでしかもジョンレノンに会いに、と言う事で観たら、さして期待もしてなかったからか、刺さ... ...続きを読む

    奥嶋ひろまさ 奥嶋ひろまささん  2017年1月24日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 黄色、砂、乾燥、緑。そして、アントニオ 不思議な映画だった。 「太陽を点けておいたよ。」に恋した。 ヘレンの涙やファンホの大人加減、 みんながみんなを助けてる。 迷惑をかけ合って、ヘルプと言って、 また逢いたくなる。 ...続きを読む

    sushi sushiさん  2016年11月21日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • そこ、実話??! ジョン レノンの歌声、アントニオの哀愁、それだけで充分ジーンとくるエンディングだったが、最後の字幕見て「え、そうだったの!!」LPに歌詞が付くようになったって、そこの部分実話?というかもっと実話... ...続きを読む

    Sheeta Sheetaさん  2016年11月12日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

「僕の戦争」を探して 「僕の戦争」を探して 「僕の戦争」を探して 「僕の戦争」を探して
「僕の戦争」を探して 「僕の戦争」を探して 「僕の戦争」を探して 「僕の戦争」を探して
2015年12月16日 2017年3月22日 2017年1月10日 2016年12月22日
¥100 ¥324 ¥650 ¥933
Amazonビデオ DMM.com Netflix Hulu
1ヵ月無料 2週間無料

他のユーザーは「「僕の戦争」を探して」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi