鳥の道を越えて
ホーム > 作品情報 > 映画「鳥の道を越えて」
メニュー

鳥の道を越えて

劇場公開日

解説

岐阜県の東濃地方を舞台にした、鳥と人をめぐるドキュメンタリー。岐阜県東白川村出身の今井友樹監督が、祖父から「昔、あの山の向こうに『鳥の道』があった」と、故郷の空が渡り鳥の大群で埋め尽くされたという話を聞く。村ではかつて「カスミ網猟」という狩猟も行われ、渡り鳥の命をいただく文化もあったといい、そうしたことを知った今井監督は、「鳥の道」を探し求める旅をはじめる。その過程で生まれた疑問を丹念に追っていくことで、飽食によって自然との接点が薄れた時代を生きる現代人に、自然や生き物たちとどう向き合ってきたかを問いかける。

キャスト

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 工房ギャレット
上映時間 93分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • 優秀なドキュメンタリー 山間部とまではいかないところでも、小鳥を育てている方が居ました。 いい声で鳴かせるのがむつかしいって言ってましたが、そんな風流な話では無かったのを気づかされた ...続きを読む

    Daikokumai Daikokumaiさん  2015年3月1日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 知られざる猟の世界! 11月1日、公開初日に早速観てきました。 とり肉といえば鶏肉が当たり前の時代に生きる自分にとって、少し前の世代が渡り鳥を網を張ってとっていた文化があったことにまず驚いた。食べ物の命と、今よりもっ... ...続きを読む

    ankomonaka ankomonakaさん  2014年11月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi