駆込み女と駆出し男 特集: 笑って泣いて、《明日への希望》も満ちてくる──全ての女性よ、駆け込み寺に駆け込もう!“大泉洋節120%全開”の人情エンターテインメント!!

ホーム > 作品情報 > 映画「駆込み女と駆出し男」 > 特集 > 笑って泣いて、《明日への希望》も満ちてくる──全ての女性よ、駆け込み寺に駆け込もう!“大泉洋節120%全開”の人情エンターテインメント!!
メニュー

駆込み女と駆出し男

劇場公開日 2015年5月16日
2015年5月1日更新

笑って泣いて、《明日への希望》も満ちてくる──
全ての女性よ、駆け込み寺に駆け込もう!
“大泉洋節120%全開”の人情エンターテインメント!!

江戸時代の離縁をモチーフに、人生の再出発を図ろうとする女性たちと、彼女らを取り巻く人々の姿を描く人情劇「駆込み女と駆出し男」(原作:井上ひさし、監督:原田眞人)が5月16日に公開。大泉洋戸田恵梨香満島ひかり堤真一樹木希林ほか豪華実力派キャストが織り成す、ユーモアと温かみあふれるエンターテインメントが、あなたの心を明日への希望でいっぱいにする。

大泉洋ほか豪華キャストが、笑って泣ける人情劇を繰り広げる! 大泉洋ほか豪華キャストが、笑って泣ける人情劇を繰り広げる!

■離縁調停人が、“悩める女性”の人生再出発をお手伝いします!
 “駆け込んだ”著名人からは、すでに希望に満ちた声が続々!

夫と縁を切るには、幕府公認の“縁切寺”に駆け込むしかなった江戸時代。離縁したくて尼寺の門を叩いた悩める女性たちが、数々の出会いと別れ、離縁調停人との交流を通して、たくましく晴れやかに人生の再出発を踏み出す姿を描く人情エンターテインメントが登場した。

戸田恵梨香が時代劇映画初出演 戸田恵梨香が時代劇映画初出演 [拡大画像]
満島ひかりが豪商の妾を熱演する 満島ひかりが豪商の妾を熱演する [拡大画像]
離縁調停の責任者役は樹木希林 離縁調停の責任者役は樹木希林 [拡大画像]

腕も経験も半人前ながら、達者な口と誠実さで“駆け込み女”たちの世話に奔走する“駆け出し男”を主人公に、笑って泣けて、明日を生きる勇気までが湧いてくるエピソードの数々。「駆込み女と駆出し男」は、すでに鑑賞した著名人からも希望に満ちたコメントが続々と寄せられている、ユーモアたっぷりの注目作なのだ。

画像5
持ち物を投げ込んでも、駆け込みは成立 持ち物を投げ込んでも、駆け込みは成立 [拡大画像]

現代とは違い、江戸時代の離婚は男性側から申し立てるもので、女性の側から求めることはできなかった。だが、そんな女性たちの救済措置として全国で2カ所のみ(鎌倉の東慶寺、群馬の満徳寺)、江戸幕府公認の「縁切寺」が存在した。離婚を望む女性がそこへ駆け込めば、御用宿の離縁調停人の聞き取り調査を経て、夫との示談がまとまらなければ寺入りに。俗世と隔離されて2年を過ごせば、晴れて離婚が成立するというシステムだったのだ。


画像8

夫の暴力から逃げてきたじょご(戸田恵梨香)、豪商の愛人・お吟(満島ひかり)ら“駆け込み女”が、医者見習いで戯作者に憧れる“駆け出し”離縁調停人の信次郎(大泉洋)との出会いを通して、人生を再び輝かせていく。著名人から送られた言葉の数々は、さまざまな年齢・立場の女性たちに希望を与えることを証明している。

画像9

■まくしたてる長ゼリフ! これが、“私たちが見たかった大泉洋”!
 そして、戸田恵梨香、満島ひかり、樹木希林、堤真一ほか、豪華キャスト共演!!

駆け込み女たちの人生の再出発をサポートする、駆け出しの離縁調停人を演じるのは、映画、ドラマ、バラエティに活躍する大泉洋。口八丁手八丁に立ち回り、軽妙&ハイテンションで見せる熱演は、まさに私たちが持つイメージそのまま、“みんなが見たかった”待望のキャラクターだ。さらには、戸田恵梨香満島ひかり樹木希林堤真一ほか豪華キャストの共演も見逃せない。

画像10
画像11
まくし立てる名調子は大泉の面目躍如! まくし立てる名調子は大泉の面目躍如! [拡大画像]

しあわせのパン」や「ぶどうのなみだ」といったヒューマン・ストーリーで見せた誠実なキャラクターも魅力的だが、やはり大泉洋といえば、ハイテンションかつどこかとぼけたコミカルな役回りが専売特許。医術も見習いなら、戯作も「作家になりたい」という願望だけ、さらには離縁調停人も始めたばかりという信次郎役は、まさに大泉の本領が発揮できるキャラクターだ。なかでも、駆け込み女を取り戻すために乗り込んでくるヤクザの親分を、口から出任せの丁々発止でやり込めるシーンは必見。思わず吹き出してしまうほどの面白さだ。

画像13
TVでもおなじみの顔ぶれが熱演を披露! TVでもおなじみの顔ぶれが熱演を披露! [拡大画像]

脇を固める豪華な顔ぶれにも注目だ。寺に駆け込む戸田恵梨香満島ひかりを筆頭に、それぞれの夫役として武田真治堤真一が出演。さらには御用宿の主人として樹木希林が出演し、内山理名北村有起哉麿赤兒山崎努ほか実力派俳優陣が顔をそろえる。時代劇映画初出演となる戸田は、信次郎との交流を通して輝きを増していく、じょごを好演。自らの美学を貫くために夫と別れようとするお吟を演じる、満島の凜とした美しさからも目が離せない。誰もが知っている面子ながら、彼らが生き生きと役柄を演じ切る姿が、新鮮に映る。



■悩める映画.com女性編集スタッフも“駆け込んで”みた──
 「駆込み女と駆出し男」は、見るとどんな気持ちになるのか!?

ここに、悩める女性がもうひとり──仕事やプライベートに数々の悩み事を抱えた映画.com女性編集スタッフが、「駆込み女と駆出し男」のマスコミ試写に駆け込んだ。果たして彼女は本作を鑑賞して、何を感じることができたのか?

画像15

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す