そばにいるよ! 自閉症(オーディズム)と車椅子の監督
ホーム > 作品情報 > 映画「そばにいるよ! 自閉症(オーディズム)と車椅子の監督」
メニュー

そばにいるよ! 自閉症(オーディズム)と車椅子の監督

劇場公開日

解説

自閉症児を題材にした劇映画「星の国から孫ふたり」(2009)などを手がけ、11年に他界した槙坪夛鶴子監督が、遺作となった同作を撮影する過程を追ったドキュメンタリー。社会的弱者に視点を置いた作品を撮り続けてきた槙坪監督は、リウマチが進行し、車椅子での生活や2週間に一度の輸血のため通院も欠かせないという状況にあった。それでも、十分な理解や情報も得られずにいる自閉症児やその家族のため、支援の輪を広げようと、「星の国から孫ふたり」を製作。全国を回る上映活動にも精力的に取り組んだ。そんな槙坪監督の姿や熱意を通し、自閉症児やその家族と社会の関わり方を考えていく。

スタッフ

監督
プロデューサー
小泉朋
床波ヒロ子
構成
島田裕子
撮影
岩松茂
高久通
編集
田村愛
編集協力
佐藤智也
音楽
中島まさる

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
上映時間 75分

他のユーザーは「そばにいるよ! 自閉症(オーディズム)と車椅子の監督」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi