怪傑鷹 第二篇 奔流怒濤の巻
ホーム > 作品情報 > 映画「怪傑鷹 第二篇 奔流怒濤の巻」
メニュー

怪傑鷹 第二篇 奔流怒濤の巻

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

阪東妻三郎の出世作を脚本家の寿々喜多呂九平自身により再映画化した時代劇第二部。スタッフ、主演は前作と同じ。

ストーリー

鷹は荒法師たちに助けられた。鷹ヶ峰の隠れ家で錦姫は鷹から六郎太が彼女を愛していると聞かされる。姫も彼を愛していたが、彼が昔の様に正しい身持に帰ることを望んでいた。伊予守は鷹の襲撃を恐れて頼房卿を桂の山牢にとじこめる。それを知った蝉丸は単身しのびこんで卿を救い出そうとしたが失敗し、あやうく捕えられるところを鷹に救われる。伊予守の許へ山城屋から届けられた金を百足丸は盗み出したが、鷹は更にそれを奪って、正月を飢えと寒さにふるえている貧民の家々に小判を一枚ずつ投げこんだ。伊予守は鷹をおびきよせるため、フイに頼房を処刑しようとする。その瞬間、鷹が踊りこんで来た。...

スタッフ

監督
脚本
寿々喜多呂九平
原作
寿々喜多呂九平
撮影
栗林実
美術
西七郎
音楽
山根久雄
十時一夫
録音
森武憲
照明
田辺憲一
製作主任
小林勝也
監督補
山崎憲成
記録
辻村欣也
スチール
坂口清三郎

キャスト

作品データ

製作年 1954年
製作国 日本
配給 東宝
上映時間 46分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi