榕樹(ガジュマル)の丘へ
ホーム > 作品情報 > 映画「榕樹(ガジュマル)の丘へ」
メニュー

榕樹(ガジュマル)の丘へ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

都市・広州を舞台に少女と老婆の交流を通じて、現代親子関係の崩壊を描くドラマ。中国映画第四世代を代表するフー・ピンリウが監督。1999年12月2日より、東京・国際交流フォーラムにて開催された「アジア映画シリーズ8 中国映画展1999」にて特別上映。1999年12月26日より、東京・六本木 三百人劇場にて開催された「中国映画の全貌2000」にて一般公開。

ストーリー

経済発展が進む中国の南の都市・広州市。その片隅に昔ながらの人情と風情を残した街・安居があった。夫を亡くし、この街で一人暮らしをしているアーシーは、気が強く偏屈な性格をしていた。一人息子のトンは、建築の内装会社を設立したばかりで忙しく、妻への気兼ねもあって母と同居が出来なかった。トンはぜんそくの持病を持つ母のために、お手伝いさんを雇うが、アーシーはことごとく追い返してしまう。トンは新しいお手伝いさんとして出稼ぎ少女のシャンを雇う。シャンはお金を貯めて田舎に料理店を開き、両親に楽をさせることが夢だった。最初はシャンにつらく当たったアーシーだったがシャンの純粋さにほだされ受け入れる。ある日アーシーの旧友が老人ホームに入ることとなった。自分の老後に不安を覚えたアーシーはある夜亡くなった夫の夢を見る。そしてシャンを連れて故郷に旅に出る。榕樹(ガジュマル)の太樹がそびえる夫との思い出の地へと…。...

スタッフ

監督
フー・ピンリウ
脚本
マー・ウェイチュン
製作
ファン・リョンヨウ
撮影
チョン・ホワ
美術
シュイ・シャオリー
音楽
チョン・ターチャオ

キャスト

  • パン・ユイ
  • スン・ミン
  • パイ・シュエミン

作品データ

原題 安居
製作年 1997年
製作国 中国
配給 東光徳間
上映時間 100分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi