ザ・ディレクター[市民ケーン]の真実
ホーム > 作品情報 > 映画「ザ・ディレクター[市民ケーン]の真実」
メニュー

ザ・ディレクター[市民ケーン]の真実

劇場公開日

解説

名作『市民ケーン』の公開をめぐる、映画監督オーソン・ウェルズとメディア王ハーストの熾烈な攻防を描く伝記ドラマ。製作総指揮はリドリー・スコット、トニー・スコット。監督は「グレアム・ヤング毒殺日記」のベンジャミン・ロス。出演は「ザ・ハリケーン」のリーヴ・シュレイバー、「将軍の娘 エリザベス・キャンベル」のジェームズ・クロムウェルほか。

ストーリー

1940年。ニューヨークの演劇界とラジオ・メディアを揺るがし、天才と謳われた24歳の若きオーソン・ウェルズは、RKO社長のシェーファーから破格の条件を受けてハリウッドに登場。破天荒な新聞王ハーストをモデルとする作品を思いついた彼は、早速脚本の推敲に。“RKO281”、後の「市民ケーン」プロジェクトが動き始めた…。...

作品データ

原題 RKO 281
製作年 1999年
製作国 アメリカ
配給 K2エンタテインメント
上映時間 83分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ザ・ディレクター[市民ケーン]の真実」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi