リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密
ホーム > 作品情報 > 映画「リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密」
メニュー

リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密

解説

ドイツの児童文学作家オトフリート・プロイスラーの名作児童小説「小さいおばけ」を実写映画化したファンタジー・アドベンチャー。何百年も前から「ふくろう城」で暮らしている小さなオバケは、毎晩12時になると目を覚まし、どんな扉も開けることのできる13本のカギ束を使って真夜中の街を飛びまわっていた。そんなオバケの夢は、昼の世界を見てみること。ある日、念願かなって昼の12時に目覚めたオバケは大喜びで街へと繰りだすが、太陽の光を浴びて体が真っ黒になってしまう。道に迷ってふくろう城に帰ることもできなくなったオバケは、街の人間たちも巻きこんで大騒ぎを繰り広げる。

スタッフ

監督
アラン・グスポーナー
製作
ヤコブ・クラウセン
ウリ・プッツ
原作
オトフリート・プロイスラー
脚本
マルティン・リッツェンホフ
音楽
ニキ・ライザー

キャスト

  • アンナ・タールバッハ
  • ウォルフガング・ヘス
  • ヨナス・ホルデンリーダー
  • エミリー・クーシェ
  • ニコ・ハートゥン
  • ウーベ・オクセンクネヒト

作品データ

原題 Das kleine Gespenst
製作年 2013年

他のユーザーは「リトル・ゴースト オバケの時計とフクロウ城の秘密」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi