6才のボクが、大人になるまで。 : 映画評論・批評

6才のボクが、大人になるまで。

劇場公開日 2014年11月14日
2014年11月4日更新 2014年11月14日よりTOHOシネマズシャンテほかにてロードショー

少年とその家族に訪れる“時間”をとらえ、心震わせる体験映画

映画はただ見るものではなく、体験するもの。いい映画であればあるほどそう思えるものだ。そういう意味でも、「6才のボクが、大人になるまで。」は驚くべき映画である。これほど豊かな、しかもパーソナルな“体験”を実感させてくれる映画はこれまで見たことがない。

映画はそのまんますぎる邦題のとおり、1人の少年の12年にわたる成長を写しとっている(原題は「Boyhood」=少年時代)。ドキュメンタリーではなくドラマだが、画期的かつ奇跡的なのはこれが実際に12年の月日をかけて(毎年数日ずつ)撮影されているということ! オーディションで白羽の矢を立てた少年エラー・コルトレーンがメイソンというキャラクターを演じ、そこには当然、エラー自身の成長やキャラクターが反映されている。12年後にどうなるかなんて、撮り始めたときにはわからない。ああ、こんなにリスクだらけの賭けに出るなんて、リチャード・リンクレイターはなんて勇敢なクリエーターなんだろう。

画像1

2時間40分の間、ことさらドラマティックな出来事が起こるわけではない。なぜなら、映画の主役は“時間”そのものだからだ。「ビフォア」三部作でも人間にとっての“時間”と向き合ったリンクレイターが、それを1本の映画でやってのけている。離婚した両親に振り回されて理不尽な思いをしたり、喪失や孤独、初恋といった感情を知っていくメイソン。そのささやかな瞬間瞬間の積み重ねが、見る者の心を震わせずにはおかないのだ。まるで自分のことのように体験する映画の時間は、またたく間に過ぎていく。1年ごとに変貌し、顔つきも心も精悍になっていく少年の姿に、美しくも残酷な“時”をリアルに感じながら。

そしてこの映画は、少年の物語であると同時に家族の物語でもある。父親と母親、姉にも等しく時は流れているからだ。ひたすらガキっぽかった父は、父としてそれなりの成長を見せる。イーサン・ホークの味わいは絶品だ。一方でパトリシア・アークエットが終盤で吐露する母親の思いはものすごくせつなく、誰もが共感せずにはいられない。

そして人生は続く。メイソン=エラーがつづる別の物語に、再び会える日が来ればうれしいと思う。

若林ゆり

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全189件)
  • 成長の記録を覗き見 この映画の主人公の人生が、ただ淡々と映し出される。過去の出来事が時を経て意外な線で結ばれたり、劇的な成長を促す事件が起こるわけでもない。独特の感性を持った男性の、大人になるまでの記録をひたすら見... ...続きを読む

    だるま だるまさん  2018年4月4日 22:20  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 悪くない。ただ、同じ俳優で12年間かけたということが、意味を持ちす... 悪くない。ただ、同じ俳優で12年間かけたということが、意味を持ちすぎて混乱する。すごいことなんだけど、映画を作る上で必要か?そのことにとらわれて、作品を素直に観られない。 なんだかちょっと騙され... ...続きを読む

    まるぼに まるぼにさん  2018年3月13日 08:55  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ひとつの大きなドキュメンタリー映画のよう 確かに見ようによっては、渡鬼とか北の国からと同じ楽しみ方ができるかも。ただ、すごいのが、これが、2時間半の映画だということ。 ドラマだったら、シーズン○とかいって、知らない間に子役が成長みたいな... ...続きを読む

    まお まおさん  2018年1月14日 22:28  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi