ギヴァー 記憶を注ぐ者のレビュー・感想・評価

ギヴァー 記憶を注ぐ者

劇場公開日 2015年9月5日
20件を表示 映画レビューを書く

おしい

テーマやコンセンプトは面白いのに、おしい。もったいない。時間もお金もキャストもアイディアも。本当にもったいない。スポンサーやお金なんかの理由があって、せっかくのテーマをつまらない作品にしてまったの、わかってちょうだい!という監督の心の声が聞こえました。

Kosei Tomioka
Kosei Tomiokaさん / 2017年9月8日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感情

SFにはどうも抵抗あるのだが、映画だとつい見てしまう。実際の未来の形が想像できるから。
この映画、なかなか面白かった。

マッターホルン
マッターホルンさん / 2017年8月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人類の未来は…

色のない世界…。

人々は皆平等に、差異のない世界で、「家族」というコミューンの中で生活することを強いられています。

人殺しを「解放」という言葉で言い換えて、まるでその世界が幸せそのものであるかのように装う人々。

誰も疑うことをしない中で、唯一記憶を継ぐ「ギヴァー」だけが、真実を受け継ぎます。

愛や感情の高ぶりを感じたギヴァーは、偽りの世界を救う為に脱走するのです。

規律か自由か…。

人間にとって本当に大切なものは何かを問いかけている映画です。

終わり方が勿体ないのが唯一の心残りでした…。

ガーコ
ガーコさん / 2017年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

平和と引き換えに愛を失う ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初はモノクロの世界。
人々は完璧に管理された世界で色も感情も持たずに、平和に暮らしている。でもどこか変な世界で

ギヴァーに与えられた「記憶」はどれもとても美しいものだった。それは今の私たちが当たり前のように目にしているものばかり。それがどれほど幸せなことなのかを教えて貰った気がする。

お父さん役の人、えらいかっこいいなと思ったらターザンの人だったのね(笑)
そしてテイラースウィフトも出ます。可愛い。

ぱな
ぱなさん / 2016年12月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

滅多に観ないSFものですが、

ストーリーに引き込まれ
なにより美しかったです*

hacci
hacciさん / 2016年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛も憎しみもない平等で平和な世界とは、

原作は児童文学だけど近未来的な世界観だった。ただ、ラストのほんわかした終わり方は絵本の最後の1ページのようだったかな。ストーリーは人間の愚かさとか、理想とか、人間らしさとか、とても奥が深かったと思う。なのでまずまず大人でも楽しめる内容かと。キャストのバランスもよかった。主人公のジョナス役のブレントンスウェイツが爽やかでとてもよかった。マレフィセントのフィリップ王子役なのね。それと、観終わって、キャスト見たらテイラースウィフトの名前。ちょこっと出てたの気づかなかった(笑)。

non
nonさん / 2016年9月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人類の理想郷とは

悲惨な歴史を経て人類は理想郷を作った。
憎悪を無くすために愛を捨て、悪を封じ込めるために善も消してしまった。
争いは亡くなったが、こんな社会、なんかおかしい。
人類の未来はどうなるのか?
テイラー・スイフトが少し顔を出す。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年9月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

謝罪はいいから。

またか、という感じの「SF理想郷を求めて」作品。
児童文学らしいがそれほど子供向けでもないような。
平和な世界をめざすとどうしてこういうことに?と
いうやっぱりな展開と、結果が見えてしまう中盤~
のからくり真相でドキドキ感は薄少。役者の熱演と
何度も繰り返される台詞「謝罪を受け入れます。」が
頭に残って内容が記憶に残らないという珍しい作品。

ハチコ
ハチコさん / 2016年6月30日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

どんな結末か不明

争いのない社会が、実は様々なことが抑圧されていることがわかるというありがちなパターン。
そもそもギヴァーとレシーバーの存在意義がよくわからない。抑圧されたコミュニティを解放するための条件もわかりづらい。
だから、コミュニティへの不信と不満を抱えた若者が脱出する物語にしか見えなかった。結末もモヤモヤする。結局どうなったんだ?

kenshuchu
kenshuchuさん / 2016年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

差異は不要だと思うか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「ギヴァー 記憶を注ぐ者」(ィリップ・ノイス監督)から。
たぶん・・この長さの映画では、メモの数は最多だろうし、
台詞のほとんどをメモした気がする。(汗)
世界の荒廃を経て、人類は(差別もなく)平等で、
争いのない理想郷のような社会を作り出した、までは理解できる。
みんな平和を願っているのにもなぜ戦争が終わらないのだろう・・とか、
いじめや人種差別など、まだまだ課題が残っている現代、
どうしたら、無くせるだろうか・・と真剣に考えてた時があったが、
その考えを根底から覆された気がして、とても印象に残る映画となった。
人類は、肌の色も人種の差異もない社会を作るために「色彩」を、
心の奥深くから湧き出てくる感情を抑制するために「音楽」も手放した。
確かに、差別(差異)も無く、同じ意識を持った人間が集まり、
怒りや憎悪の感情が生まれてしまう危険性は、格段と減った。
しかし・・味気ない生活、面白みのない人生が繰り返される。
争いごとや、貧富の差がある社会を肯定しているわけではないけれど、
この世に生まれたからには、与えられた環境がいかに差異があろうとも、
喜怒哀楽とともに、生きていくことが人生ではないか、と感じる。
先輩の「ギヴァー(記憶を注ぐ者)」が、次世代の「ギヴァー」に問うた
「差異は不要だと思うか?」の質問が、心に残った。
差異(差別)を無くそうとするのではなく、少なくしようとすることが大切。
本当に差異が無くなったら、窮屈な生活が待っているんだよなぁ。

shimo
shimoさん / 2016年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

もう少しなにか欲しい

最初モノクロで何故なんだろうかと思ったんですが、物語の大事なことだったのかと、途中で気づかされました。記憶を受け継ぐ時に流れる映像がとても綺麗で、それに生き生きとした感じを与えてくれたのかとても良かったです。
がろいろなものが制限された世界のなかで、ギヴァーとレシーヴァーだけがほんとうのことを知っていて、生きづらい世界だなと思いました。
短いなかでおおくのことがあって、飽きずに観ることが出来ました。
ただ荒廃した世界なのに外に出たときに、その感じが全くなかったのは少し違和感を感じました。

GOTR
GOTRさん / 2016年3月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

尻切れトンボ

最近ありがちな設定。
生物学的には、ヒトの社会は不完全で、
種の存続という最大の目的のためには不合理な点も多い。
アリやハチのように完全な社会の方がより合理的で、
それを標榜することは決して悪ではあるまい。
この映画内でも薬を使って、
長老がそれを実現しようとしている。
一方、ギヴァーはそれに組みしない。
よくあるパターンは長老が私欲で動いている悪なのだが、
この映画ではそうでもないらしい。
愛は知らずとも、その方が幸せとも思える。
だが、知識を得ることによって色彩まで変わり、
愛は世界を救う的なお決まりのパターン。
しかも、救えたかも判然としないラスト。
もやもや感だけが残った。

みみず
みみずさん / 2016年3月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純 寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記憶も感情もない世界 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

うん!なかなか面白かった!

皆が平等で、色もない世界。

人を殺すことを開放と呼び
殺すと言う感覚も自覚も持ってない所にはちょっと驚いた。

はるや
はるやさん / 2016年2月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

星3つ

話の内容、設定としてはすごく好き!
でも意味深で、無理矢理なところがあるかなってくらい

たろー
たろーさん / 2016年2月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

惜しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

設定、目的、映像、とてもいいと思います。

が、全て惜しいんですよね。

ギヴァー?レシーバー?
レシーバーはそのうちギヴァーになるってことでいい?

最後、境界を越えてコミュニティに影響が出るのはよくわかんなかったです。

やすやす
やすやすさん / 2016年2月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観てよかった!

原作の大ファンです。実写化ということで、あの世界観をどう映像化するのか、期待と不安でいっぱいでしたが、見て良かったです。ここ最近、感動出来るような作品に出会ってなかったので、今日は幸せな日になりました。
娘は、もう一度観たいと言ってます。

光
さん / 2015年9月12日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

分かりにくい

今、学校でも競争をさせない、そんな世の中は果たしてしあわせなのか?
色も階級もなし、職業も決められていく、、
戦争も殺人もないパラダイスは果たして、、

結局、現状維持しか浮かばないのはちょっとセンスないかな。

モナチン
モナチンさん / 2015年9月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

当たり前の日々の大切さ。“感情”の持つ意味とは。

【賛否両論チェック】
賛:日頃忘れがちな“感情”の重要性に気がつかされる。色彩の使い方も新鮮。
否:ストーリーそのものはツッコミどころが満載で、尻すぼまりな印象。割と説教染みた主張にも、好き嫌いは分かれるか。

 設定は「ダイバージェント」や「ハンガー・ゲーム」等にも通じるところがありそうな、結構ありがちな感じですが、本作は色の使い方がステキです。色彩を知らないということで、最初は画面もモノクロなのが、イイ味を出しています(笑)。当たり前すぎて普段は気にもかけない、“感情”というものの大切さに、改めて気がつかされます。人間には感情があるから、怒り、憎しみ合ってしまいます。しかし同時に、感情があるからこそ、お互いを愛し、思いやることも出来る。そんな純粋なことを、本作の設定がストレートに投げかけてきます。
「感情を持てないなら、生きてる意味はないよ。」
というジョナスの言葉や、
「痛みのない人生に、本当の価値はない。」
というギヴァーの言葉が、身に染みます。
 お話そのものは結構難解というか、ツッコミどころは満載な感じで、終わり方もかなり尻すぼまりな感はありますが、人間性について深く考えさせられる、そんな作品です。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2015年9月9日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

足りない

設定や展開はありがちで、ハラハラもドキドキもワクワクも何もかもが足りず、予想を超えてくるものは何もない。単純明快なアクションならまだしも、サスペンス色が濃い割には都合が良すぎる展開も気になった。
面白いしテンポも悪くないけどもの足りない。
たらたらと長くないし、重くもないから時間潰しには良いかな。

Bacchus
Bacchusさん / 2015年9月5日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

もういいよ

近未来地球は統制社会となり人々はいつわりの幸福を享受している。
そこでは一人の統治者が采配をふるい無感動な人生が偽善によって美化されている。
そんな未来に一人の改革者があらわれて人々に人生を見せる・・

説得力のない社会構造。
説得力のない展開。
統制社会と外とのボーダーラインがありそれを超えると・・
もういいよと言いたくなる結末。

見る価値はほぼない。
時間の無駄。

seisinsei
seisinseiさん / 2014年9月17日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

20件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi