グラスホッパーのレビュー・感想・評価

メニュー

グラスホッパー

劇場公開日 2015年11月7日
196件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

つまらなかった

終始映像が淡々としている。
小説を読んだ方がいい。

ブックマーク
ブックマークさん / 2017年11月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

糞つまらん ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作の小説は未読だが、伊坂幸太郎原作のサンデーで連載してた『魔王』は全巻持ってて蝉、鯨、押し屋などのキャラは知ってる。
この作品はまず主人公がダメ。生田斗真じゃなくて鈴木ってキャラがダメ。なんの魅力も感じないし、平凡過ぎ。復讐心も全然感じない。主人公だけストーリーについてけなくて置いてけぼりだし、なんなら主人公いなくてもストーリーに支障ないんじゃないかと思うレベル。
サンデーの魔王を実写化した方がよかったと思う。

キャストで一番不満なのは蝉。
アクションは中々だったけど、あんなキャラじゃないしなんでポニーテールじゃないんだ。漫画でキャラが形になってんだから少しは似せてくれ!

ラストの冷凍庫のタッパだが、仮に彼女が作った物だとしたらヤバすぎ。さすがに食べれないだろ。

カミムラ
カミムラさん / 2017年11月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グラスホッパー

無理矢理感が否めない始まりに対して、終わり方はまあまあ納得ができるもので、最後の最後に想像をはるかに越えてきたのは面白かった。そうなると最初の残念さが際立つが。生田斗真が演じるバカ正直ないいやつ、ああいう役はやっぱり憎めない。

さえかちん
さえかちんさん / 2017年10月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テンポが悪い。

伊坂幸太郎の殺し屋シリーズを読もうと思って、昔読んだグラスホッパーを映画で思い出すために借りた。

テンポが物凄く悪い気がした。
小説では魅力あるキャラクターが生き生きと描かれていて、次どうなるんだ?どこで人生が交差するんだ?とワクワクしながら読んだ記憶があるのだけど、
映画版だと薄いエピソードと小さい世界にそれぞれが存在していて、物語自体にもワクワクしなかった。

映画って難しいんだなぁと素人ながら思った。

「重力ピエロ」「アヒルと鴨のコインロッカー」と面白かっただけに残念。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2017年8月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

がっかりさん。

伊坂幸太郎の世界観が大好きだったので、ちょっとがっかり…。

アクションシーンはとてもリアルで良かったのですが、台詞の一つ一つや細かい描写が物足りなさを感じました。

山田涼介さんの蝉の演技が凄まじく、目の鋭さや素早い動きなどは観ていてドキドキしました。

でも、話が淡々と進み過ぎて見所に欠けます。

伊坂さんだからこその面白さを、もっと活かして欲しかったなと思いました。

ガーコ
ガーコさん / 2017年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作が好きな人には物足りないとかなんか違う感あると思うが、それを抜...

原作が好きな人には物足りないとかなんか違う感あると思うが、それを抜きにしても、割と好きなタイプの作品。

教師だったが恋人の復讐のために企業に潜入。実はこの潜入もしくまれていた(あ、ネタバレ)という。

最後の最後に、殺し屋VS殺し屋の構図かと思いきや、それはそこまで大きいことではないという、ちょっとしたどんでん返しがこれまたちょっと面白い。

騙しているようで実は騙されていた。それも解決の方向に騙されていくという、井坂ワールドだっぷりだった。

キッスィ
キッスィさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なにがしたい?

説明不足と説明過多。
役者さんが頑張れば頑張るほど浮いてくる感じは何なんでしょうか。

敢えての演出なのか分かりませんが、大袈裟な立回りと説明台詞、そしてあざとい音楽が鼻に付きストーリーを追えず。
そもそも何がしたかったのか…

あんな異次元で裏社会をやられても一つもピンときませんな。

ラスト、バタバタっと説明して終わったのは笑ってしまいました。

カタヤマ
カタヤマさん / 2017年6月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁまぁ

まぁまぁ

れお
れおさん / 2017年6月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

蝉がちがうんだなあ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大衆映画としてはとってもよくできてたし、
YUKIちゃんの歌がびっくりするくらいよかった、CD欲しい。

けど原作を好きな私としては…うううん、、、、

帰り車内でふたりとも話してたんやけど、
蝉がねえ、、、キャラかわっとるというか、山田君が演じてたせいか格好良すぎないか。

蝉は強いけどどうしようもないやつで
絶対声に出して「岩西の敵とりにきた」とか言わんでしょ!
言わんけど岩西とのきずながあるのがなにかいいのに、言うてまうのかい!って思った。

岩西は原作同様スーパーかっこよく、
でも電話で鯨と会ってるこというんかい!!!!ってまたまた思った。
まあ、敵~の流れに行くにはいうしかないのですが。

あと大好き麻生さん演じるすみれの最後のネタバレも、、、
言うんかい!!!!!!(何回目や)と思いました。

まあ、そういうのを逆に言わずに流れていくあの雰囲気がいいのに
映画になると、絵に描いたような展開にするしかないんだわねえ(寂しさ)

最初奥さんが死ぬ時に子供がいる時点で
おお、これはあの兄弟に絡めて来る気か!?とよめたけど
それはまあいいとして(映画だし…と諦めきれる)
けど「劇団」の存在自体がなかったことになってるのも残念だった。
兄弟のエピソードも少なかったし。
最後の電車のシーンの「バカジャナイノー」が大好きだからなあ。。。

と、まあ原作が好きすぎるからの残念さはあれど、映画としてはよく作られていて
原作を知らない人も楽しめるのではないかと思った。

鯨役の浅野さんも全然でかくないのにいけるんか!?と思っていたけど
妙ににあってたし、奈々緒は悪い女が似あいすぎ。

あとなんといってもやっぱり生田君演技上手いわ。
鈴木さんハマっていました

r!eco
r!ecoさん / 2017年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

豪華俳優陣

豪華俳優陣が集まり伊坂幸太郎原作を映像化。
ちょっと詰め込みすぎ感があったが鯨、蝉の描き方が良かった。

Toy
Toyさん / 2017年5月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いかにも原作モノって感じで、ストーリーを追っただけぽい。いつもの、...

いかにも原作モノって感じで、ストーリーを追っただけぽい。いつもの、映像化する意味ナシ映画。まあつまんなくはないし、俳優は豪華なのでいっか。

まるこ
まるこさん / 2017年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

作り手の問題

「脳男」の監督と主演という、期待せざるを得ない作品ながら、伊坂幸太郎原作の映像化するクリエーターの力量の無さにがっかりさせられてきた身としては、残念ながら今回も期待に添わない作品となったことに怒りすら覚えます。

きっと原作は悪くなく、むしろ映像化されたのだから良作なんだと思うが、多分情報過多で2時間の映画では難しいのでしょう。それを覚悟して映画化したのにも関わらず、キャラや設定が全くの舌っ足らずで、後付けに説明セリフ出されても興ざめでしかない。その何が、何処がと挙げたらキリがない背景は、脚本がよろしくなく、役者も100%理解してるのか怪しい演技で、この2時間は苦痛でしかない。
原作ファンは観なくて良い。

役者も、石橋蓮司は強面だがコメディ色が強く憎らしくない。菜々緒に演技力を期待してはいけないが、ズバリ下手。この悪者側のキャストの食い合わせの悪さが、ストーリーの流れを悪くしている一因。
浅野忠信もあまり好きではないし、あの役設定(自殺屋)も中途半端。浅野の仕掛けで劇中自殺する2人も、直前で正気になってると思ったのは私だけでしょうか?

悪評(自己評価)高い「ゴールデンスランバー」にも似てるが、この話は一応の解決はしているので、あれよりまし、程度。

やはり、強い生田斗真を観たかった。

クリストフ
クリストフさん / 2017年4月14日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

詰め込み過ぎて説明が多くなってしまっている

DVD鑑賞だったんですが、序盤から展開が退屈で引き込まれるような演出が無くて部分的に早送りで観ましたが、舞台のようなセリフ回しがあったり無駄な描写が多い印象でした。特に鯨の幻覚のシーンは「説明」の要素が強くなってしまっていて残念の一言。
冒頭とラストの結びも布石だったというよりこじ付けの印象を与えてしまったのは勿体ない。脚本も全体的にストーリーを追ってしまうことに注力していて、制作側のいろんな事情が表面化していたようで見ている側は一歩引いてしまった。

キース@Keith
キース@Keithさん / 2017年3月24日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テンポが良かった

重苦しくなく、すごくみていて飽きることがなかったイメージが強い
生田斗真、浅野忠信、吉岡秀隆などの演技派俳優達な多く出演していて映画としての質はかなり高いのではないかなと思う
また個人的に波瑠が可愛かった

ミチ
ミチさん / 2017年2月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小説らしい流れ方でテンポ良し

小説らしい流れ方でテンポ良し

映画.jp
映画.jpさん / 2017年2月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を読んでないけど、多分、原作の方が面白いんだろうなぁ。そんなこ...

原作を読んでないけど、多分、原作の方が面白いんだろうなぁ。そんなことがわかる映画。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2017年2月4日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作を読んでからみたほうがいいみたい

スクランブル交差点のシーンが思ったより大したことない上。脳男の方がスケール大きかった。
原作を知らんと全てが唐突で薄っぺらく感じる。
佐津川愛実のチラ見え腹筋がいい。
タイムマシン
二年以上前の家庭料理を解凍して食べるのはやめたほうがいい。

eli
eliさん / 2017年2月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なんだかなぁ

特に面白い要素がないなぁ
記憶にも残らない
そこそこグロイ

なー吉
なー吉さん / 2017年1月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった!

原作未読。
完全キャスト目当てで観ました。
すっきりした終わり方だったし解りやすいお話だったので良かったです。

喜怒哀楽
喜怒哀楽さん / 2017年1月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かなり中途半端な印象・・・

大変に微妙な作品だと思いました

作品のひとつのテーマとして『増えすぎて目の色を変え穀物を食い尽くすバッタは、全員死ぬまで終わらない』というのを、この増えすぎた人間社会に比喩させてるのかな?

と、思いました。

生田斗真の演じる主人公は、婚約者が死んだキッカケとなった
組織へ復讐を決意し潜入するワケですが・・・

結局、最後まで特別何かしたわけでなし

どちらかと言えば、終盤は、自殺屋の浅野忠信がカッコ良すぎて
映画のテーマも、主人公の生田斗真も、食われちゃった感があります。

正直、テーマ自体が見ている側に訴えかける内容だとしても
観てまでそのテーマを考える必要があるか?

と思います

chaocomspace
chaocomspaceさん / 2016年11月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

196件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi