「主人公のまなざしがいい!」ショートホープ かんいちさんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「ショートホープ」 > レビュー > かんいちさんのレビュー
メニュー

ショートホープ

劇場公開日 2014年8月16日
全2件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

主人公のまなざしがいい!

ストリッパーを母に持ち、実の父を知らない主人公:和也が、居場所がなくなり、亡くなった母の面影を辿りつつまだ見ぬ実父を求めて歩いてゆく。
大きなイベントがあるわけでもなく、日常の一コマとして淡々と
道すがらの人々と繰り広げられるドラマで構成されています。
もともと単館系映画として作られているので、いまどきの幼稚な説明シーンや演出なども挿入されておらず、また音楽もほとんど入っていない静かで、やや難しい印象もありますが、それがこの作品の味なんだと思います。
岸辺一徳さんの存在感がすごいです。
子どもから大人になるその狭間、そのモヤモヤした感じがよく伝わってきます。
個人的にはモノトーンに近い印象を持つ作品です。

客に媚びず、いい映画だと思います。

かんいち
さん / 2016年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi