GONIN サーガ : 映画評論・批評

メニュー

GONIN サーガ

劇場公開日 2015年9月26日
2015年9月15日更新 2015年9月26日よりTOHOシネマズ新宿ほかにてロードショー

酷薄で甘美な親子の宿命のドラマが脈打つ 監督の原点回帰にして過激な集大成

石井隆の映画は、犯罪バイオレンス映画の意匠をまとった高貴なメロドラマである。「GONINサーガ」も、一見すると、20年前の「GONIN」の続篇で、前作で無残な死を遂げた男たちの遺児が再結集し、宿敵である暴力団五誠会の裏金が集まるヤミ金を強奪する<ケイパーもの>だ。だが、その裏には血にまみれた酷薄で甘美な親子の宿命のドラマが脈打っている。

集結したメンバーは、大越組の若頭の息子久松勇人(東出昌大)、大越組組長の息子大輔(桐谷健太)、殉職した警官の息子森澤(柄本祐)、五誠会三代目の誠司(安藤政信)に囲われている元アイドル麻美(土屋アンナ)の四人。ヤミ金襲撃は成功するが、報復の手が迫り、五誠会を根絶やしにするために、誠司の結婚式に狙いを定める。ここでピースの欠片を埋める五人目が登場する。19年間、植物人間だった氷頭(根津甚八)だ。五年前にうつ病で俳優引退宣言をした根津甚八の一度限りの復活である。クライマックスで、満身創痍の根津が銃を構えた瞬間は、スクリーンが神々しさに包まれ、まるでサム・ペキンパーの「ワイルドバンチ」(69)で息絶えるウィリアム・ホールデンのように感動的である。

画像1

紅一点の土屋アンナには瞠目させられた。浴室で殺し屋竹中直人の助手福島リラと壮絶な撃ち合いを演じ、ひび割れた鏡を背に、鮮血を浴びてたちすくむ土屋アンナの美しさは筆舌に尽くしがたい。

冒頭から間歇的に流れる、ちあきなおみの「紅い花」、プッチーニの「私のお父さん」の旋律が印象深いが、土屋アンナの末期の眼に映じた幻影に森田童子の「ラストワルツ」がかぶさると、あっとなる。石井隆のデビュー作「天使のはらわた 赤い眩暈(めまい)」(88)のラストで流れたジョー・スタッフォードの「テネシー・ワルツ」と見事に照応しているからだ。「GONINサーガ」は、石井隆の原点回帰にして過激な集大成である。

高崎俊夫

関連コンテンツ

特集

あの伝説、「GONIN」が再び!リアルタイム世代もそうじゃない若者も、この“バイオレンス・アクション”に巻き込まれれば世界が変わる!
特集

スタイリッシュな描写とバイオレンス・アクションが人気を博した石井隆監督作「GONIN」(95)から19年を経て、待望のシリーズ最新作「GONIN サーガ」が完成した。「GONIN」の登場人物の遺児たちを主人公に、再び現金強奪を描く伝説...特集

インタビュー

「何も考えずに見てほしい」石井隆監督&東出昌大が語る本作の楽しみ方
インタビュー

佐藤浩市、本木雅弘、根津甚八、竹中直人、椎名桔平といった日本映画界を代表するキャストが集結したバイオレンスアクション「GONIN」(1995)。そのハードボイルドな世界観と独創的な映像は、公開から20年経った今でも国内外に根強いファン...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全42件)
  • 超期待はずれ 前作のテンポも緊張感もなく、まったくの期待はずれです。 むしろ、観ない方が良かった位の感触です。 出てくる奴らがどいつもこいつも馬鹿すぎで脚本段階で誰か止められなかったの?って不思議におもいます... ...続きを読む

    Tyler007 Tyler007さん  2017年4月15日 19:33  評価:0.5
    このレビューに共感した/0人
  • 根津甚八さん遺作 根津さん、最後に映画出演出来て良かったです。 ...続きを読む

    よしよし よしよしさん  2017年1月8日 20:00  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 宿命 全員殺し、殺されるという宿命に逆らえなかったのか。 ...続きを読む

    上みちる 上みちるさん  2016年10月15日 20:34  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • 君の名前で僕を呼んで 君の名前で僕を呼んで ティモシー・シャラメの輝かしい魅力に満ちた主演デビュー作
  • リズと青い鳥 リズと青い鳥 手を強く握るだけではなく、その手を解くことの大切さ。静かで細やかな演出が見事
  • パティ・ケイク$ パティ・ケイク$ 三世代の母娘を演じた役者たちの “生き様”と呼ぶしかない、演技を超えたヤバさ
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi