僕はもうすぐ十一歳になる。
ホーム > 作品情報 > 映画「僕はもうすぐ十一歳になる。」
メニュー

僕はもうすぐ十一歳になる。

劇場公開日

解説

昆虫マニアの少年の視点を通して、死生観をテーマに描いたドラマ。昆虫採集が趣味の少年・中村翔吾は、父親がインドに単身赴任中で、母の香織と2人暮らし。冬休みのある日、黙々と昆虫採集を続けていた翔吾は、アメリカからの帰国子女である川上花音に懇願され、昆虫採集や標本の作り方を教えることになる。年の瀬が迫り、翔吾に昆虫採集の面白さを教えた父の徹が一時帰国してくるが、徹は異国文化の影響を受けて昆虫の標本作りに疑問を感じるようになっており、肉や魚も食べなくなっていた。昆虫標本を不気味がって触ろうともしない花音の母や、半年前に亡くなった妻の遺灰を人のように扱って話しかけている祖父の正など、翔吾は周囲の大人たちの姿を見て、生き物の生や死とは何かと疑問を抱くようになる。本作が初長編作となる神保慶政監督が、秘境専門旅行会社に勤務し、インドやブータンなどに訪れていた経験から着想を得て描いた。

スタッフ

監督
プロデューサー
城内政芳
脚本
神保慶政
撮影
仁宮裕
照明
奥山竜輝
録音
宮井昇
整音
宮井昇
美術
塩川節子
大枝紗弓
編集
神保慶政
音楽
moshimoss
飯田泰幸
助監督
向悠一
寺本拓史
制作
岡田真樹
坂井拓人

キャスト

作品データ

製作年 2014年
製作国 日本
配給 ニューシネマワークショップ
上映時間 75分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全2件)
  • この清々しい感じはなんだろうか ネタバレ! 標本にする昆虫をひとり探す少年の姿、周りの大人達はそんな彼を優しく見守っているが、大人達の行動、発言で少年の心がざわつく。でもこのざわつきのおかげで彼は一見無関係なことが繋がってることに気が付く... ...続きを読む

    poco pocoさん  2014年7月14日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 少年が知る新世界、大人が観る別世界 この世界に普遍的に存在する“死”、それを初めて知る少年。昆虫標本に囲まれ、祖母の死・父が語る南アジアの死生観を経て、少年は世界にはとても身近に“死”が存在していることを知る。少年がそのことを知っ... ...続きを読む

    RAMPO RAMPOさん  2014年7月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「僕はもうすぐ十一歳になる。」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi