紙は余燼を包めない
ホーム > 作品情報 > 映画「紙は余燼を包めない」
メニュー

紙は余燼を包めない

劇場公開日

解説

カンボジアのドキュメンタリー作家リティー・パニュが、社会の底辺で生きる娼婦たちの姿からカンボジアの現在を切りとった作品。長きにわたる内戦やクメール・ルージュ政権による虐殺を経て荒廃したカンボジアでは、多くの女性たちが貧困から売春せざるを得ない状況に追いこまれてきた。本作では首都プノンペンの小さなアパートで娼婦として暮らす5人の女性たちにカメラを向ける。雇い主や客からの暴力にさらされながら、エイズの恐怖や借金に苦しむ毎日を強いられている彼女たちの話を通し、現代カンボジア社会の問題を浮き彫りにしていく。パニュ監督の「消えた画(え) クメール・ルージュの真実」の劇場公開にあわせ、日本未公開だった監督の過去作を紹介する「虐殺の記憶を超えて リティ・パニュ監督特集」で上映。

キャスト

作品データ

原題 Le papier ne peut pas envelopper la braise
製作年 2006年
製作国 フランス
配給 太秦
上映時間 86分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「紙は余燼を包めない」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi