アンコールの人々
ホーム > 作品情報 > 映画「アンコールの人々」
メニュー

アンコールの人々

劇場公開日

解説

祖国カンボジアを題材にしたドキュメンタリーを撮り続けるリティー・パニュ監督が、アンコール・ワットの遺跡群とそこに生きる人々の姿をとらえた。世界遺産として多くの観光客が訪れる場所でありながら、そこで暮らす住民たちの生活は決して豊かではない。自分の将来に不安を抱く土産売りの少年、遺跡の修復作業に従事する元農民の男性、闘鶏に希望を託す男性ら住民たちの日常を、遺跡の石壁に刻まれた古代クメールの歴史や伝説とともに描き、内戦の傷跡や都市と農村の格差、未来への希望を浮かびあがらせていく。パニュ監督のアカデミー賞ノミネート作「消えた画(え) クメール・ルージュの真実」が劇場公開されることにあわせて、「虐殺の記憶を超えて リティ・パニュ監督特集」と題した特集上映で公開。

作品データ

原題 Les gens d'Angkor
製作年 2003年
製作国 フランス
配給 太秦
上映時間 90分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi