さすらう者たちの地
ホーム > 作品情報 > 映画「さすらう者たちの地」
メニュー

さすらう者たちの地

劇場公開日

解説

カンボジアの過去と現在を描き続けるドキュメンタリー作家リティー・パニュが、カンボジアを横断する光ファイバーケーブルの敷設工事を取材し、グローバル経済に飲みこまれていく人々の姿を描いた作品。1999年、内戦で荒廃したカンボジア国内を、光ファイバーケーブル敷設工事の作業現場が横切った。労働者のキャンプは作業現場の前進にともなって移動を続け、労働者たちはわずかな賃金で過酷な仕事に身を費やす。パニュ監督は作業現場を追いながら工事に携わる人々にカメラを向け、カンボジアの厳しい現実を鋭く切りとっていく。2001年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で大賞を受賞した。パニュ監督の「消えた画(え) クメール・ルージュの真実」の劇場公開にあわせた「虐殺の記憶を超えて リティ・パニュ監督特集」の上映作品。

作品データ

原題 La terre des ames errantes
製作年 2000年
製作国 フランス
配給 太秦
上映時間 100分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi