幸せになるための恋の手紙のレビュー・感想・評価

幸せになるための恋の手紙

1件を表示 映画レビューを書く

良い知らせを伝えるものの足は美しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「幸せになるための恋の手紙」
(ミッチ・デイヴィス監督)から。
タイトルと内容があまり一致せず、戸惑いを感じたが、
キリスト教の宣教師としなって、トンガ王国に赴任。
しかし、そこには、すでに牧師がいる。
正直「牧師」と「宣教師」の違いすらわからない。
当初、言葉も通じず苦労したが、いろいろな経験を重ね、
次第に、原住民の信頼を得るようになっていく。
そして、任務を終えて帰国する時、原住民は
「体は離れても、魂はこの島と共にあるのよ」と涙し、
日頃の細々したことのお世話をしていた女性は、
「良い知らせを伝えるものの足は美しい」と呟いた。
意味もなく、私はこのフレーズが好きになり、メモをした。
足が汚れている人は、疲れやすい・・という話は、
いつぞや耳にしたことがあり、妙に納得したものである。
足って、どの部分を指すのか分からないが、
神の言葉を伝える役目の宣教師は、
足を美しく保っておかなければならないらしい。
それとも、太ることがないくらい歩いて回りなさい、
そんな意味なのかな。

shimo
shimoさん / 2016年6月3日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi