坑道の記憶 炭坑絵師・山本作兵衛
ホーム > 作品情報 > 映画「坑道の記憶 炭坑絵師・山本作兵衛」
メニュー

坑道の記憶 炭坑絵師・山本作兵衛

劇場公開日

解説

炭鉱での労働や生活をつづった絵や日記など1000点以上を残し、そのうち697点が日本初となるユネスコの「世界記憶遺産」に登録された絵師・山本作兵衛(1892~1984)のドキュメンタリー。日本一の石炭生産地であった福岡県・筑豊に生まれ育ち、14歳から50年間、炭鉱で働き続けた作兵衛は、炭鉱の生活の記録を子や孫たちに残したいと、60歳を過ぎてから筆をとった。作兵衛を直接知る人物たちの証言から、その人物像に迫るほか、北海道釧路やベトナムにある現役の炭鉱を取材し、名もなき炭鉱夫であった作兵衛の絵が、なぜ後世に伝えるべき「世界の記憶」となり得たのかを探る。

スタッフ

構成
大村由紀子
プロデューサー
大村由紀子
撮影
森永浩司
谷津賢二
編集
川路幹夫
音楽
小室等
ナレーション
斉藤由貴

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 RKB毎日放送
上映時間 72分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「坑道の記憶 炭坑絵師・山本作兵衛」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi