バベルの学校
ホーム > 作品情報 > 映画「バベルの学校」
メニュー

バベルの学校

劇場公開日

解説

フランスの中学校を舞台に、多文化学級に通う子どもたちの出会いと友情を描いたドキュメンタリー。パリ市内に建つ中学校の適応クラスに入った24人の子どもたち。ヨーロッパ、南米、アジアなど世界中の国々から、それぞれの事情を抱えてフランスにやって来た彼らは、このクラスで1年間、フランス語の集中トレーニングを受けながら一緒に過ごすことに。国籍も宗教もバラバラな彼らは、異国の地フランスでの新生活に悩み、時にはぶつかりあいながらも友情を育んでいく。これが人生最後のクラスとなるブリジット・セルボニ先生は、そんな子どもたちの成長を辛抱づよく見守り、導いていく。監督は、キャリア初期に数々のテレビドキュメンタリーを手がけた後、劇映画「やさしい嘘」や「パパの木」で注目を集めたジュリー・ベルトゥチェリ。

作品データ

原題 La cour de Babel
製作年 2013年
製作国 フランス
配給 ユナイテッドピープル
上映時間 89分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全3件)
  • 子供たちは繋がる。 ネタバレ! 様々な理由でフランスにやってきた移民の子供達と、彼らを 受け容れる適応クラスの一年間を追ったドキュメンタリー。 実に20の国籍を持つ24名の生徒を一手に引き受けているのが、 このクラスの担任であ... ...続きを読む

    ハチコ ハチコさん  2015年6月18日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ドキュメンタリー ネタバレ! ドキュメンタリー映画をあまり観たことがなかったけれど映画として楽しめたかと考えると星2つになった。いえば学校の日常風景を淡々と映しているものでストーリー性もあまりない。その反面か、音楽が目立って... ...続きを読む

    m2m.mb m2m.mbさん  2015年3月23日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • フランスの国籍の違う子供達 フランスの適応クラスにいる20の国籍、24人の生徒達のドキュメンタリー。 学校での様子を淡々と映しているけど、子供達それぞれの背景も映し出していて、何より先生が思いやり溢れ、生徒の個性・最善を尊... ...続きを読む

    こでまりん こでまりんさん  2015年2月11日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi