バクマン。 インタビュー: 佐藤健×神木隆之介×染谷将太、刺激しあう3人が語る“ライバル”について

ホーム > 作品情報 > 映画「バクマン。」 > インタビュー > 佐藤健×神木隆之介×染谷将太、刺激しあう3人が語る“ライバル”について
メニュー

バクマン。

劇場公開日 2015年10月3日
2015年10月3日更新
画像1

佐藤健×神木隆之介×染谷将太、刺激しあう3人が語る“ライバル”について

「僕が一番好きな俳優は染谷将太! これはマジです」。佐藤健は本人を目の前に迷わずそう言い切り、神木隆之介は「染ちゃんがエイジ役と聞いて『ヤバい!』ってテンションが上がりました」と振り返る。染谷はそんな愛情あふれる2人の言葉に照れくさそうに笑みを浮かべつつ「この“最強コンビ”を前に、どう振る舞うのか? 自分が強敵でなければ映画が台無しになると思いながら、楽しみでしょうがなかった」とオファーを受け取った時の心境を明かした。

佐藤健神木隆之介 VS 染谷将太の2時間一本勝負! これが面白くないわけがない。映画「バクマン。」でNo.1の漫画家を目指す主人公のサイコー&シュージンを佐藤と神木が、2人の前に立ちはだかる最強のライバル・新妻エイジを染谷が演じたが、この3人が本作のインタビューで顔を揃えるのはこれが最初で最後。この貴重な機会に互いについてたっぷりと語ってもらった。

冒頭で佐藤が語った「一番好きな…」という発言は決して誇張ではない。この取材の最中も佐藤は好奇心に満ちた目で染谷に「テストの時から本気でやってるの?」「リハでは何割くらい?」など次々と演技について質問をぶつけていく(ちなみに染谷の答えは「本番に賭けてます」とのこと)。“同業者”の目から見ても、染谷がスクリーンの中で見せる表情は「気になってしょうがない」のだという。

「どういうアプローチでこういうお芝居になるのか? どうやって役を作ってるのか? 染ちゃんとは今回が2度目(※初共演は『リアル~完全なる首長竜の日~』)だけど、全然時間が足りない! もうね、できるなら『寄生獣』の現場に毎日いたかった(笑)。テストからリハを経て本番でどう変わってあの表情ができていくのかを観察していたい」。

染谷は本作における自身の役割を、サイコーとシュージンという強い信頼で結ばれた正統派の主人公2人の心をかき乱し、奮い立たせる「異物」という言葉で表現する。それが最もハッキリと浮かび上がるのがクライマックス近く、倒れそうになりながらギリギリの状態でペンを握るサイコーとシュージンの前に突如エイジが現れるシーン。佐藤はここでの感情に関して「完全に染ちゃんに引き出された」と振り返るが、染谷、神木にとってもそれは同じだったよう。互いの存在がスイッチとなって、感情があふれ出た――。

まずは染谷の証言。それまで“天才高校生漫画家”という看板を背負い、倒すべきライバルとしてある種、超然とした空気を漂わせていたエイジだが、このシーンで初めて深く他人の中に深く踏み込み、人間らしさを垣間見せる。

「最初、僕の中でも特に計算があったわけでもなかったし、エイジは最後までつかみどころがなく、どこかムカつく“敵キャラ”のまま行くのかな? とも思ってたんですが、あの場で実際に2人と向き合った時に何かに引っ張られたというか、エイジの殻が破れたような感覚がありました。言葉で説明すると『よきライバルとして認めた』とかすごく簡単なものになっちゃうんだけど、あの場で思いもよらないそういう感覚が芽生えたことにひとりで感動してましたね」。

「思いもよらない」と言えば、そこで佐藤が流す一筋の涙も、当初の脚本にはなかったもの。佐藤を“泣かせた”張本人である染谷は、それをどのように受け止めていたのか?

「“攻撃”と言うと語弊があるかもしれないけど、あの涙からはサイコーのエイジに対するものすごく強い感情を感じました。エイジとして、あの涙に揺るがないように、と思いつつ、何かがちょっとはみ出てしまった…という感じでしたね」。

一方、サイコーを無二の相棒として支えるシュージンを演じた神木は、その場で佐藤と染谷を視界に捉えつつ、そこでわき上がった感情に身を任せた。

「エイジの言葉を聞いて、悔しくて仕方ないんですけど、それでも、あそこでエイジから“悪意”を全く感じないんです。それはすごく不思議でしたけど、純粋に、素直に言っているからこそ余計に哀しく、悔しく感じるんだと思います。その悔しさの中でシュージンとしては『折れちゃいけない!』って気持ちがわいてきたし、サイコーに対しては『お前は一人じゃない! おれがいる!』という思いでただ隣にいました」。

俳優という仕事もまた仲間意識とライバル意識が共存する。佐藤は言う。

「今回、コンビを組む相手が隆(=神木)だったのはすごく大きかったですね。以前から知ってて、『るろうに剣心』であれだけ長い時間を過ごして分かり合えている部分も多いし、僕にとっては高校生役というのもすごく高いハードルだったけど、隆を見ながら役になれた部分というのが確実にあります。一方で、サイコーとシュージンは今後もずっと2人でやっていくんだろうけど、俳優はひとつ作品が終わればまた一人。基本的には孤独な存在だと思う。染ちゃんほどじゃないけど(笑)、どこかで孤独を抱えていると思います」。

染谷は「別に抱えてないし(笑)。孤独の“こ”の字もねーわ!」と笑いつつ、近い世代の俳優との共演を「楽しいし、刺激的」と語る。

「今回、僕らが現場で役について話をしたかというとほとんどしてないし、言葉抜きでも自然と目指しているものが同じであることが何度もあって、そういう瞬間、痺れるんですよ。バラバラに考えているのに、その場に流れているものをみんなでつかみ取っていくという作業は楽しいし、クリエイティブだなと感じますね」。

神木も2人の言葉に同調する。

「健くんや染ちゃんがすごい演技すると、尊敬もするし、やっぱりライバル心も出てきます。ただ、この作品をどうしたら面白くできるか? と考えた時に、協力しないと乗り越えられない壁というのも絶対にあるんです。やっぱりそこを一緒に越えていくのは刺激的で楽しいです」。

続編か? はたまた別の作品か? 3人が再びスクリーンであいまみえる時、一体どんな関係性でどんな表情を見せてくれるのだろうか?

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

バクマン。 第2巻(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] バクマン。 第1巻(通常版)[DVD] バクマン。2ndシリーズ DVD-SET[DVD] バクマン。 Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ]
バクマン。 第2巻(通常版)[Blu-ray/ブルーレイ] バクマン。 第1巻(通常版)[DVD] バクマン。2ndシリーズ DVD-SET[DVD] バクマン。 Blu-ray 通常版[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2011年2月23日 最安価格: ¥7,344 発売日:2011年1月26日 最安価格: ¥2,160 発売日:2015年9月18日 最安価格: ¥6,554 発売日:2016年4月20日 最安価格: ¥3,760
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全351件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

インタビューの一覧を見る
Jobnavi