365日のシンプルライフ
ホーム > 作品情報 > 映画「365日のシンプルライフ」
メニュー

365日のシンプルライフ

劇場公開日

解説

自分の持ち物すべてをリセットするという実験生活に挑戦したフィンランド人青年の1年間を追ったドキュメンタリー。ヘルシンキで暮らす26歳のペトリ・ルーッカイネンは、失恋をきっかけに、多くの物に囲まれた生活を見直そすことを決意。自分の持ち物を一旦すべて倉庫に預けて1日1個ずつ自宅に持ち帰り、他には何も購入しない、という生活を1年間続けることに。今の自分に必要な物を選ぶ行為や、物に対するさまざまな葛藤、さらに手助けしてくれる人々との触れあいのなかで、ペトリは自分の人生にとって本当に大切なものは何かを発見していく。主人公ペトリの実体験をもとに、ペトリ自らが監督を務めて製作した。

作品データ

原題 Tavarataivas
製作年 2013年
製作国 フィンランド
配給 パンドラ、kinologue
上映時間 80分
オフィシャルサイト  

映画評論

北欧青年の感傷的な“必要最小限”が導く、自分探しと成長の記録
365日のシンプルライフの映画評論・批評

フィンランドの青年、ペトリ・ルーッカイネンが、自分の持ち物を全部倉庫に預けて、そこから必要な物をひとつずつアパートに持ってくるという実験を始めるようになったそもそものきっかけは、失恋だった。彼女と別れた反動で、カードを使って買い物をし...365日のシンプルライフの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全13件)
  • リセットの重要性 ネタバレ! 迷ったら、物スッキリで心もスッキリ。 実にわかりやすい理論です。 迷える孫を導く、可愛らしいおばあちゃんの言葉が シンプルでいて本質をついててグッときます。 365日の間、守り通そうと誓ったルー... ...続きを読む

    chibirock chibirockさん  2016年8月24日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 1日ひとつでは? 発想とか作品のトーンはすごく好ましいのだけれど、やっぱり「ルール」は貫いてくれたほうが作品としての完成度は高かったでしょうね。何日かで、さっそく「1日ひとつ」じゃなくなって、しばらくするとそれど... ...続きを読む

    okaoka0820 okaoka0820さん  2016年8月16日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • 究極のミニマリスト 究極のミニマリストの話し。 完結で、おもしろかった。 しかし、やりすぎでは?と思うシーンは多々。 裸で、街を走るシーンなんかもう犯罪じゃん。 やりすぎはよくないが、かなり参考になった。 シンプル... ...続きを読む

    Ayaka Ayakaさん  2016年7月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

365日のシンプルライフ(字幕版) 365日のシンプルライフ 365日のシンプルライフ 365日のシンプルライフ
365日のシンプルライフ(字幕版) 365日のシンプルライフ 365日のシンプルライフ 365日のシンプルライフ
2014年8月17日 2014年9月10日 2016年1月23日 2014年8月16日
¥300 ¥432 ¥1,200 ¥1,200
iTunes DMM.com ShowTime ビデオパス
※au IDが必要

他のユーザーは「365日のシンプルライフ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi