DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?のレビュー・感想・評価

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?

劇場公開日 2014年7月4日
6件を表示 映画レビューを書く

良くも悪くも大島さん

舞台挨拶がみれると聞いてこのたタイミングで見ました。

あの事件のことにも触れていますが
メインは大島さんの卒業について
組織に与える影響はデカイだなと感じさせるものでした。
卒業だけで一本出来るなと

ドキュメントだから初めからそう言う作品なんでしょうけど
観終わってから自分の中には何も残らなかった作品

とやひろ
とやひろさん / 2014年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

輝ける場所 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この手のドキュメント映画は基本的に興味ある人しか観に行かないですよね。
私はコアなファンではありませんが、ちょっとだけ興味があったので観てきました。
大島優子さんを中心に撮っています。
一部のプロ意識の高い子達には感服しますね。
逆に、グループにいるからといって努力不足なのか運がないのか、みんながみんな輝けるとは限らない、厳しい一面も見ることができます。
研修生やドラフト生は今は狭い居場所ながら、一生懸命レッスンをして更に輝ける場所に行けるように努力を重ねています。まさに、アイドルを夢見る少女達というのにふさわしいですね。
あと、高橋みなみさんの存在の大きさが改めて分かりました。彼女はAKBグループの大黒柱ですね。
高橋みなみさんがいなければAKBグループは崩壊するんじゃないかってくらい、危ういバランスの上に成り立っているようにも見えてしまいました。大袈裟でしょうか!?

Makoto
Makotoさん / 2014年7月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ただいま 二回目 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

優子が、中心となることは、わかっていました
何度みても、涙腺は、ゆるみました
自分の、つらいときに、48グループが、いた
だから、今が、ある

人それぞれですから、いろんな意見は、あるでしょう

わたしは、また、来年、映画あるなら、観ます

やまぞう
やまぞうさん / 2014年7月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

微妙。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

期待して映画館に行きましたが、正直な感想を述べると微妙でした。特に今年のAKBグループの話題ばっかりに焦点を当てていたのが残念でした。麻里子さまやともちんさんの卒業の舞台裏も見たかった。

ケン
ケンさん / 2014年7月9日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

『職業としてのAKB48』

'(個人のためでなく)仲間のためにやっている'
'(AKB48は)そんな簡単なものじゃない'

プロとして、他者の目に曝され、第一線に立つ彼女達の放つ、言葉の力強さ。立ち居振る舞いの美しさ。時間は皆、平等に与えられているはずなのに、彼女達の積み上げてきたモノの大きさたるや、(私も含めて)世の凡人達はひれ伏すしかない。

自分の意思ではなく組織による決定に苦悩する姿、第三者による妨害行為とその対処、下の世代からの突き上げ、…。

彼女達の立つステージは特殊ではあるけれど、イチ労働者としてどこかに、誰かに、共鳴するところがあるのでは?

高橋監督には、とことんまで続けてもらいたいな、と思いました。

Nori
Noriさん / 2014年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

感動必至か、ドン引き退屈か、2つに1つの非大衆向けムービー!!

【賛否両論チェック】
賛:決して華やかなだけではないアイドルの世界での奮闘ぶりを、垣間見られる。「よく撮ってたなぁ」と感心。思い入れがある人が観ると、号泣必至。
否:興味があるかが全て。移籍の発表で過呼吸になったり、第三者から見るとドン引きなシーンもあり。

 正直、興味があれば感動間違いなしの映画ですし、興味がなければ終始退屈でドン引きしちゃうような映画です。興味が全てです(笑)。それ以外の視点で観るとするならば、華やかな舞台の裏で、人知れず泣いたり、悩んだり、迷ったりしながら、自らの道を選び走っていく少女達の姿に、感慨深いものを感じる人もいるでしょう。
 決して綺麗事だけでは片づけられないような、厳しい世界で頑張っている人達のドキュメンタリーです。・・・興味がある方は是非(笑)。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2014年7月4日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi