ちょっとかわいいアイアンメイデンのレビュー・感想・評価

ちょっとかわいいアイアンメイデン

劇場公開日 2014年7月19日
5件を表示 映画レビューを書く

女子目線から見ても……

途中からめんどくさくて早送りして
2人のエンディング見るという荒技

こーゆう設定好きな人にしか
受け入れられなそう( ˊ࿁ˋ ) ᐝ

もっち
もっちさん / 2016年11月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なにこれ? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

気になっていたので借りて観賞しました。
いや~これは酷い!いや酷すぎる!

演技下手だし、何がしたいのか全く意味不明すぎる。

それになんだかしらないが、途中からレズ絡みで、全てが意味不明。なので、30分ぐらいで飽きましたw

良いところは、木嶋のりこさんが可愛かった所とフルヌードだけ。

以上!

ひろっぴ
ひろっぴさん / 2015年1月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

監督がヘタクソ

酷い作品に出会いました。

ストーリーが意味不明なことはもちろん、拷問という設定も活かし切れていない。

木嶋のりこが覚悟を決めて脱いだという点で注目したのだが、何もこんな映画で脱がなくても……と、空しさを覚えた。この作品の吉田浩太監督は、女性を脱がせることについて得意げに語っていたが、拷問というテーマすら単純にヌードありきと解釈したのだろうか。

拷問についての面白さは一切伝わらず、何かあればヌードという、レベルの低い作品だと感じた。監督の力量が高ければもっとオモシロイ作品に仕上がる設定だと思えるだけに、こんな程度の監督に調理されてしまったことが残念でならない。

セリケン
セリケンさん / 2014年8月14日 / PCから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

前回の同系列の「妹ちょ」に比べると。。。

主人公の女の子は顔はイマイチでしたが体、スタイルは良かったです。
その相手役の先輩が何故か乳首NGってのがなんとも。
お尻や自慰行為はいいのにね。
拷問がテーマなんだけどみんな気持ちよく感じた声あげてばかりで何が基準なのかが分かりにくい。
イク時の最近、AVお約束の感じが品を下げていましたね。
映倫がR15+だから高校生にも見せるんだぁ、と思いつつ、レイトショーだから見れないという矛盾がねぇ。
特典の生写真はどう処理すればいいのだろ?

かずくん
かずくんさん / 2014年7月28日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 単純 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

女性のヌード以外に見どころなし

何がしたいのか全くわからない作品。
木嶋のりこが脱いだお陰で多少の話題にはなったが、それ以上もそれ以下も無く、『女子校×拷問』という一見斬新なコンセプトも見掛け倒し。

拷問と言う割には脱ぐことに頼り過ぎな点も気になった。
結局、女性のヌードでしか観る者を惹きつける術が無いのだろう。
監督の力量の無さが如実に現れていた。
そのせいもあり、開始30分くらいでこの映画に対してお金と時間を払ったことに激しく後悔した。

また、作中では「拷問=SMではない」と否定しながらも、実際はどこかSMぽいうえ、拷問の意図さえ伝わってこない。
主人公の恋愛模様もその過程が希薄すぎて、まったく感情移入できない。
そもそも原作自体コミカルテイストなので、無理してシリアスな路線を求めなくても良かったのでは。。

作品自体、駄作という他無いが、上映2日目の19:30〜の時点で客は10名程度という有様も気になった。
これでは、長らく水着グラビアで頑張ってきた木嶋のりこの脱ぎ損だろう。

寝る損
寝る損さん / 2014年7月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi