カニバルのレビュー・感想・評価

メニュー

カニバル

劇場公開日 2014年5月24日
4件を表示 映画レビューを書く

カニバリズムがメインだと思うと肩透かしを食う

スペインのとある町で仕立て屋を営む真面目で優秀な男。
しかし彼には人に知られてはならない秘密がある。
気に入った女性は食さずにはいられない。彼にはカリバリズムの嗜好があった。
ある日、同じアパートに住む女性が失踪し、その姉が妹を探しにやってくる。
男は女性に興味を持つが、どこかいつもと勝手が違う。男は何かを感じ始めていた。
今まで持ち得なかった女性への感情。それは"愛"なのか"欲"なのか。

タイトルとジャケット写真で興味を持って観てみました。
その時は、官能的なカリバリズムの映画なのかなと思っていましたが、
思ったよりも淡々と進んでいく愛の物語でした。

全体的に映像が美しく、世界観はちゃんとしている作品です。
特に女性を解体する作業場のシーンは、カリバリズムをテーマとした作品としては美を重視した作りになっています。
女性への扱いにある種の"愛"を感じさせます。
彼の場合はそれが食への愛だという点が、他の男と違っている部分です。
仕立て屋のシーンでは、主人公の普段の性格や人柄を表現しながらも、生地や仕立ての美しさも表現しています。

個人的に残念だったのは、カリバリズムという行為そのものはあまり重視されていない点です。
あくまで主人公の特異な部分という描き方で、"女性を愛せない男性"という意味合いを強めているだけです。
別にカリバリズムでなくても、心に深い傷や闇を抱えている男性という設定であれば成り立ってしまう作品です。

特に気になったのは、女性を手に入れる方法です。主人公、馬鹿過ぎます。
女性を引きずって道路に血痕べったり残しながら自分の車に運ぶとか、ターゲットの女性を見失うとか適当過ぎます。
これで何人もの女性を殺害してきたというのは、スペイン警察の不甲斐なさしか感じさせません。

また、調理についても疑問です。何で調理法が焼くだけなの?部位とか色々あるでしょ?しかも肉しか食わないし。
素材の味を~ってのは分かりますが、さすがに質素過ぎます。
家のキッチンの壁に様々な種類の調理用ナイフが掛かってますが、肉は作業場で食べるサイズに切り分けて自宅の冷蔵庫にも保管してあるのに、
何でキッチンにそんな沢山のナイフが必要なの?付け合わせとか無いじゃない。何に使うの?
カリバリズムの雰囲気を出したいのは分かりますが、適当過ぎです。

作品の雰囲気を重視して、主人公にハッキリとした殺害シーンを演じさせなかったのもつまらない。
カリバリズムというか、殺人そのものを希薄なものに描いて主人公の罪深さを軽減しています。
そして、途中に宗教的な要素を入れてそれを補っている(殺人的な表現ではなく、神を表現する事で罪深さを演出している)のですが、ちょっと弱い印象です。
ラストのマリア像には途中で描かれるマントが羽織られているのですが、それを見て涙する主人公というのもイマイチでした。
男性と作品の叙情的な要素を重視するあまり、タイトル負けした感があります。

kenMax
kenMaxさん / 2015年9月10日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

愛する人ができたので人間食べるの止めます。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

誰かを愛すると、少なからず自分のライフスタイルを変えざるを得ない場面があると思います。

男友達と、夜遊びを止めるとか。携帯2つに満タン入っていた男友達の電話番号を、全部削除するとか。スケジュール帳を見られてもいいように、暗号化するとか。食べたい時に食べたい物を食べる。朝食:サラダと炭酸水、お昼:サラダと炭酸水、夜サラダと炭酸水な食生活は止めるとか。夜通し、何日も何日も一日中ブルースをかけて浸るとか。お風呂に2時間入って、本一冊読み切るのを止めるとか。DVDを一日8本観て、話しかけられても生返事をするのを止めるとか。

本作は愛する人の為に、どれだけ自分を変えられるかという話です。
彼の場合は、何を止めたのか?
人間を食べることです。

カルロス(アントニオ・デ・ラ・トレ)は美しい女性を殺しては食べる、連続殺人鬼。
餌食となる女性達の肌がクリーム色で滑らかで、こちらまで甘い体臭が漂って来そうな美しさです。
そんなカルロスが、ニーナ(オリンピア・メリンテ)と出会います。ニーナの美しさに抗うことができない食欲が湧く一方で、カルロスはある感情に気付く。
今まで餌食にした女性には感じなかった、愛です。カルロスの中で、食欲と愛が鬩ぎ合う。結果、愛が勝ります。

でも連続殺人犯と餌食となりうる女性の関係と考えるから、なんだか恐ろしくなりますが。
人間を食べるのを止めるのも、DVD1日8本観るのを止めるのも、実は同じ理由からなんですよね。

どちらも、「愛する人の為」

けれどカルロスのように、自分の趣味趣向を潔く変えられない人が殆どではないでしょうか。
そう考えれば、なんだかカルロスが男らしく?見えたりする罠に陥ってしまう。そんな説得力のある映画です。

さぽしゃ
さぽしゃさん / 2015年7月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

独特の雰囲気です

スペインが舞台の映画ですが、東欧のような寒い地方の雰囲気です。
音楽の無い静かな中で流れていく物語。
恐怖を感じる独特の雰囲気です。
難解な部分もありましたが、ある意味楽しめた作品です。

シネパラ
シネパラさん / 2014年10月22日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 興奮 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

展開が見えるけど美しい映画

話の展開はさして驚きはなかったけど、
映像や描写がとにかく美しく、情緒的だった。だからなのか、見ていて息が詰まるような、胸が締め付けられるようなそんな切なさを感じたし、恐怖も感じた。

もりこ
もりこさん / 2014年6月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi