戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説
ホーム > 作品情報 > 映画「戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説」
メニュー

戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-03 人喰い河童伝説

解説

「ノロイ」の白石晃士監督が、日本各地の都市伝説をモチーフに描くフェイクドキュメンタリー「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」のシリーズ第3弾。前回の取材で昏睡状態に陥ったディレクター工藤が入院している間、アシスタント市川のもとに新たな映像が投稿されてくる。池で釣りをしていた男女が撮影したその映像には、水面から出現した奇妙な生物と、池のほとりに散乱する大量のキュウリと猫の死体が映されていた。その生物が日本古来の妖怪・河童ではないかと考えた市川は、カメラマンの田代や投稿者らと現地へ向かう。

スタッフ

監督
製作総指揮
原啓二郎
プロデューサー
三上真弘
田坂公章
脚本
白石晃士
撮影
白石晃士

作品データ

製作年 2012年
製作国 日本
上映時間 73分

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi