オートマタのレビュー・感想・評価

メニュー

オートマタ

劇場公開日 2016年3月5日
49件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

アンドロイドをあくまでも人間の道具として留めておくために、安全装置... ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

アンドロイドをあくまでも人間の道具として留めておくために、安全装置としてのプロトコルに「生物を襲わないこと」と、「自己修復できないこと」をプログラムする。そうして出来上がったアンドロイドに支えられた未来の社会。でもじつは社会を支えているアンドロイドのプロトタイプ自体が人間の理解を超えるところまで発展してしまったAIの手による製品だった。

ディストピアの描き方やアンドロイドのデザインが秀逸で、道具としての「ロボット」が人間の「敵」になる怖さをうまく表現していたと思う。クリオにだけ人間的な感情を抱きやすいように女性のフェイスマスクがつけられている設定もうまい。クリオ以外のアンドロイドには恐怖すら感じさせるデザインとなっていて、それでいてミニマルなインダストリアルデザインでリアリスティックな説得力をもっていた。

人間を越えたAIが峡谷を越えた「向こうの世界」に行くという設定、クリオがフェイスマスクを外す意味、最終形態としてのゴキブリロボなどSFのひとつのシミュレーションとして興味深く楽しめた。

supersilent
supersilentさん / 2018年2月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一応観てはみたけれど

観終わるまでに3日費やした。
無駄な3日。

ずん
ずんさん / 2018年1月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

明るくない未来

ダークな内容でした。
未来のロボットの話とはいえ、まったく明るい展望がない内容にショボーン。。。
そうやなー確かに放射能汚染が進んで、人間が減っていく行く末はありそうやなー。
生き残った強い種だけで子孫を残していく。
いろんな意味で切ないし、考えさせられました。

pippin555
pippin555さん / 2017年12月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これ系の見て 毎回ガッカリするのは ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

電気羊、 それに創世の島
1970年代に作られた未来予想の物語から
一ミリも進歩出来ないでいるなぁと思う。

いつも期待を込めて見るが 『うーん、そこはもう皆知ってるよ!』っていう部分の焼き増しばかり。

上記の作品をヒントにいくつもの派生映画は作られてきたが、その中でも この映画は2流だった。
ブレードランナーの世界と
浦沢版の鉄腕アトム(プルートー)の設定で
創世の島から台詞を引っぱっただけ。

まず、
人口2000万で あの世界観は回らない。
そして謎のJRと日本の風景。
うっすい動機で企業と刑事が主人公の命を狙うのも謎。
太陽風で通信技術は使えなくなったって設定はガバガバ。

ラストで
人類は街 ロボットは汚染地域という完全に別離した環境の中で世代を繋いでいくというラスト。

むしろ、そこからストーリーを広げるべきだったのでは?
通信不可の世界で、お互いがガラパゴス状態で何世代もたった時に人類はどんな生態にたどり着くのか
ロボットはどういう思考にたどり着くのか。

そっちにフォーカスして欲しかった。

たまねぎ なきお
たまねぎ なきおさん / 2017年12月17日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

既視感は否めないものの、切り口は独特なディストピア系SF映画でした

まあよくあると言えばよくあるタイプの荒廃した近未来&AIロボと共存する社会を描いたディストピア系SF映画でしたが、名作揃いのジャンルだけに、比較されれば厳しいことになるであろうことは分かっていても、そこにあえて挑戦した意気込みだけは買いたい作品でしたかね。
予算は潤沢じゃなくても、ホント意気込みだけは伝わってきましたし、独特の切り口で進化や未来を描いた作風は、ハリウッドの大作映画とはまた違った味のある作風だった印象で、まあ題材としての新味は薄かったですが切り口の面では大いに新味を感じたSF映画でした。

地味ながら作品の出来自体はなかなかのものだったと思いましたよ、ただ堅すぎて、哲学的過ぎて、私的にはちょっと苦手系の映画だった分、楽しめたかと言うと正直そこまでは・・・って感じでしたけどね・・・。
アクションが少ないとかエンタメ性が薄いと言うだけで評価を下げるのもどうかとは思いますが、現実自分がそう言う人間であることは否定できない事実なので、ご勘弁を・・・ホント作品の中身は挑戦的且つ哲学的なSF映画で何かと考えさせられましたから、映画通の方にこそ見ていただきたい作品ですね、これは。
逆に私と同タイプの方は無理に見なくても・・・(苦笑)

しかしオートマタ達は健気だったなぁ、どことなく切ない表情をしているようにも見えてきたりで。
進化したAIロボが反乱を起こし人間と戦う映画なのかと思っていたので、展開としてはちょっと意外でしたね。
そしてAIに頼りながらも、AIに心の奥底では恐怖心を抱きながら生活する人間の愚かな様子が、物凄く印象に残りました。
人は自らの監視下に置けないものに、これだけ恐怖心を抱く生き物なんだなと、改めて実感、劇中でもう少し分かり合えよと何度も思いながらイライラしましたが、これが人間と言う種族の限界と言うものなのでしょうか。

逆にオートマタが最後に示した進化系は、驚愕の一言でしたね。
やっぱり遠い未来まで生き残るのは、その形態なのかと・・・。
まあ全体的に感情を乗せにくい作品でしたし、テンポも遅かったので、好みの問題込みで私はそこまで嵌まりませんでしたが、現実でも何かと話題のAIが題材だっただけに、何気に興味深い作品ではありましたね。
しかしアントニオ・バンデラスは、意外と坊主頭も似合います、と言うか何故坊主?雨のせい?何か語られてましたっけ?ハゲ率は相当高い映画でしたが・・・。

スペランカー
スペランカーさん / 2017年8月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

眠くなってしまた

設定、人物描写、造形、テンポ

何もかもがイマイチで自分は全然ダメでした。同じ規模感のAIものならエクスマキナの方が全然いい
派手さがない分、脚本は洗練されててほしい
荒すぎる

R・フォスターの無駄遣い

アリンコ
アリンコさん / 2017年8月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人工知能系の話は多いが

なんだかやたら人間より人間的で
内容は散漫なのだが、深い

れこほた
れこほたさん / 2017年4月29日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

印象は、強い。カルトだね

ムードのある映画だったなあ。
SF、ロボットと人間からロボットへ、ロボット3原則(ここでは2原則の2つめだが)、

第2原則(自らを修理改造してはならない)が外れただけで、信じられない速度で進歩すること、人間が理解できない領域に達すること、自分たちと同じものを作ろうとする、つまり子供を作ろうとすること、改造してはならないというプロトコルを作ったのはそもそもロボットなので人間にはわからないことなど、おおと思わされる設定、仮説が多いところは正統派SFな感じ。

監督が撮りたいのは、心の交流なのだろうが、街に帰れない主人公にも逃げるロボットにも自分は感情移入できなかったので、中途半端な位置から眺める形となり、ムード溢れる映画と感じた次第。

ロボットが自分たちで子供を作ったら、自分たちと同じ人間型ではなく、最も生き延びる可能性が高い形なのか、今後共に暮らしていく生物の形なのか、いずれにしろゴキブリ型だったというのも、科学的というか、絵的なことよりも科学っぽいことを重視しているのだろう。これがまた奇妙な感じを強めていた。

人類は種として終焉を迎え、ロボット達にも未来に希望があるわけではないので、テーマは新たな時代の開始なのだけれど、なんとも世紀末的な映画となりました。

印象は、強い。カルトだね。

CB
CBさん / 2017年2月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人工知能モノは流行ってるのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

視聴:1回目
推薦:SF映画好きだけ、じっくり観れる方
感想:派手な映画ではないが、最近観たエクスマキナと比べつつどちらにも良い所があってよかった。ロボット、人間ともに子供が生まれて谷を挟んで別々の道を行くシーン、ここに尽きるかと思います。ロボットにも突如として変異体は現れるのかプログラムエラーが発生して出てくるのか、考えさせられました。生物の突然変異の可能性みたくのロボットにワクワクできるか、出来ないのであれば地味な映画ですので退屈かも。

ほんげ
ほんげさん / 2017年1月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ワクワク感が無いなぁ

私的にはロボットものの映画って何かしらのワクワク感みたいなものが有るけど、何故かこの映画にはそれが無いから物足りなさを感じるのかな。

SelfishCat
SelfishCatさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつかこんな日が来るんじゃないかと。

アントニオバンデラスってめちゃめちゃ濃いイメージだったけれど、今作では渋ーい感じでなかなかよかった。人間の知能を上回る人工知能を持ったロボット、荒廃した地球の設定って何となくありがちかな。でも、知能だけじゃなくて、感情も垣間見えたり、ロボットたちが作り出したロボット(見た目は微妙だけど)が何となく可愛いかったりで、殺伐な流れになり過ぎてなくてよかったかなと。
人間なんて野蛮な猿だよ。でも、人間には愛と希望があるんだよ。

non
nonさん / 2016年12月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2044年

地球の砂漠化で人口が大幅に減少、大量のロボットで社会を維持していた。
主人公(アントニオ・バンデラス)はロボットメーカーの保険調査員。
ロボットには人を殺さない、自分で修理しないという二つのプロトコルが設定されていた。
ある事件で修理されたロボットが見つかり、天才的な技術者を探し始める。
面白い話だが、全体的にもたつき気味なのが惜しい。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アイロボットの造型にブレードランナーの世界観

砂漠化の映像をプラス
2つの安全プロトコル「生命に危害を加えない」「自他の改造をしない」
オートマタのほうが人間よりも理性的なのは感情を持たないせいなのか人類の進化の結果なのか。
ラストに海を持ってくるところが唐突

eli
eliさん / 2016年12月8日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想してた展開とは違った… アイロボット的なアクションかと思いきや...

予想してた展開とは違った…

アイロボット的なアクションかと思いきや、A.I.みたいな哲学的SF映画

人工知能の進化と理解、か

トンデモなSFに比べてよっぽどリアルに感じた

荒廃した地球が舞台ということで、後半はひたすら砂漠

ディストピア映画かと思うも、最後の展開は人間と機械を超えた関係が生まれて良し

ところどころ符号の行かない点があれど、及第点かな。

nobe666
nobe666さん / 2016年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ロボットはオイルの涙を流すのか

2044年人類は地球の放射能汚染と砂漠化により瀕死の状態にあった。
ロボットたちのつぶらな瞳に見つめられると、何だかこちらの気持ちまで段々と物悲しくなってくる。
苦渋に満ちた顔つきのバンちゃんは、"ブレードランナー"のデッカードを意識していたのか終始表情が暗かった。
すっかりオヤジ化してしまったバンちゃんだが、それでもテカテカのボーズ頭は超セクシーでおます。

みつまる。
みつまる。さん / 2016年10月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

宣伝の内容的にもう少しアクション要素が強いのかと思いきや、最近流行...

宣伝の内容的にもう少しアクション要素が強いのかと思いきや、最近流行り?の人工知能哲学系SFでした。
ブレードランナーやらA.Iへのオマージュが感じられる演出ですが、それらと比べると少し地味な気がしてしまいますね、、
人類の脅威って言う割りにはスケールが小さいかな?

バンデラスの映画あんまり観ないけど、いい役者さんです!
後半やや西部劇っぽくなるのは好みが別れそうですね、

Zoe Aki
Zoe Akiさん / 2016年10月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

好きなタイプの映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

よくありがちな、AIモノですが、
雰囲気好きです。が、佳作の域をでていないかな?
映画館行きそびれ、レンタルで観ました。

違法改造した技師が実は、ロボットだった、ほぼ最初の段階で読めました。
ただ、そのロボットが何で自我を持ったかがよくわからないですね。

後、会社は、なんでバンデラスを抹殺しようとするのか?女性技師は、バンデラスに頼まれてAI解析、復元しただけでしょ?それを報告したら、会社がヤバいって感じになり刺客を派遣抹殺にかかります。何故?
女性技師に何か重要な意味が。しかしあっさり殺されてしまいます。(子供が刺客なのは、ハリウッドじゃあり得ない設定でしょうね。)

会社とロボットの間に何らかの凄い秘密が特に無くて??

逃げ出してからが砂漠オンリーで、話ダレぎみ。バンデラスとロボット達の掛け合いは良かったのですが、ストーリーが
??の部分があり、惜しいですね。

Mt.ブルー
Mt.ブルーさん / 2016年9月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

他の作品とは違った角度から人工知能を解釈した映画 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

宣伝文句とはすこし相違がある。
人間と冷酷なロボットの戦いなのかと思いきや、そのロボットが意外にも穏やかで戦うことはしない。
人工知能を扱った映画の永遠のテーマとして、ロボットには、魂や感情はあるのか、という問題がある。
多くのSF映画が、人工知能は頭はいいが感情が理解できない、だから人間を超えられないという考え方で描かれている。
時には人間がロボットに対して「愛」とは何ぞやと説くような場面があったりするのだけど、この映画の終盤、ロボットと人間とのやりとりが、大人に諭されている子どもを見ているようだった。

(クレアが風俗ロボットなこともまた「愛」の存在について考えさせられる部分。
ダンスを踊ったクレアは、自分に与えられていた役割をこれまで通りに果たそうとしただけなのかもしれない、でも、ごめんと謝られて静かに去る姿はどこか悲しそうでもある。)

技師と言われる存在がロボットだったことは、何となく読めてしまった。
あとはおっさんがいっぱい出てきて見分けがつかない。笑

点数は4に近い3.5点。観てよかった。

ロ
さん / 2016年9月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想外のストーリー

予想していた内容とは少し違っていました。

アクションやミステリー要素がもっと多めに含まれていると思ってましたが、全体的に、せつない映画でした。考えさせられる系ですね!

設定がしっかりしていて観やすかったのですが、終始空が曇っているので、途中で眠くなるかもしれません(笑)

主人公に感情移入しやすかったです。
あと終盤の会話のシーンは好きです。

lava
lavaさん / 2016年9月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人はロボットを

ならロボットは一体何を作るんでしょうか?
それらには人類の価値観は含まれないのでしょうね。
時代設定は約30年後。進歩、進化の速度が早まる中どこまで行けば落ち着くのか。
30年後にこんな映画見たなと思い出したい。

ゆた147
ゆた147さん / 2016年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

49件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi