おばあちゃんが伝えたかったこと カンボジア・トゥノル・ロ村の物語
ホーム > 作品情報 > 映画「おばあちゃんが伝えたかったこと カンボジア・トゥノル・ロ村の物語」
メニュー

おばあちゃんが伝えたかったこと カンボジア・トゥノル・ロ村の物語

劇場公開日

解説

1970年代カンボジアで、ポル・ポト率いるクメール・ルージュによって行われた虐殺の時代を生き延びた人々が、その体験や記憶を語る様子を収めたドキュメンタリー。イタリア人のエラ・プリーセとカンボジア人のヌ・バの2人の監督が、大量虐殺が行われた場所(キリング・フィールド)に近いトゥノル・ロ村にカメラを入れ、ポル・ポト政権時代に何が起こったのかを若い世代へ伝えていくため、当時を知る人々の記憶を呼び起こすワークショップを開く。村人たちは監督たちの思いに応え、つらい記憶を再現する映画を作り上げていく。2013年・山形国際ドキュメンタリー映画祭では「何があったのか、知りたい(知ってほしい)」のタイトルで上映され、コミュニティシネマ賞を受賞している。

作品データ

原題 We Want (U) to Know
製作年 2011年
製作国 カンボジア
上映時間 54分
オフィシャルサイト  

他のユーザーは「おばあちゃんが伝えたかったこと カンボジア・トゥノル・ロ村の物語」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi