朽ちた手押し車
ホーム > 作品情報 > 映画「朽ちた手押し車」
メニュー

朽ちた手押し車

劇場公開日

解説

2013年に他界した名優・三國連太郎の主演で1984年に製作され、認知症の老父と末期患者の老母を抱えた家族の苦悩を描き、高齢化社会や尊厳死、安楽死といった問題をえぐり出した作品。昭和57年、新潟県・親不知海岸。老人特有の痴呆がはじまっていた元漁師の安田源吾は、毎夜のように徘徊を繰り返していた。息子夫婦はそんな父に加え、不治の病で死を待つだけの母の「殺してくれ」という悲痛な声に悩まされ、安らげる時がなかった。三國の主演作で唯一劇場未公開だった幻の作品で、「お蔵出し映画祭2013」でグランプリを獲得。製作から30年を経た2014年に劇場公開が実現。

スタッフ

監督
プロデューサー
遠藤俊男
増山茂
脚本
島宏
スーザン・リー
撮影
松下時男
音楽
林輝
照明
大西美津男

作品データ

製作年 1984年
製作国 日本
配給 アークエンタテインメント
上映時間 134分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.5 2.5 (全1件)
  • 演技は。 認知症の行動や妻の病気の苦しみが続くので、しかも症状だけなので長く感じます。 テーマが分散しちゃったかな。 親を大事にする心が、今とはちょっと違う。 ...続きを読む

    ムーミン ムーミンさん  2014年5月4日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「朽ちた手押し車」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi