不機嫌なママにメルシィ!
ホーム > 作品情報 > 映画「不機嫌なママにメルシィ!」
メニュー

不機嫌なママにメルシィ!

劇場公開日

解説

「イヴ・サンローラン」のギョーム・ガリエンヌが、母親に女の子のように育てられた自身の半生をもとに描いた自伝的戯曲を映画化。ガリエンヌ自身が監督・脚本・主演、さらに女装して母親役も演じた。女の子が欲しかったママのもとに生まれた3人兄弟の末っ子ギョーム。エレガントなママに憧れて女の子のように育った彼は、男らしいパパから強制的に男子校の寄宿舎に入れられてしまう。そこでイジメにあったギョームはイギリスの学校に転校し、男子生徒を相手に大失恋を経験。そんな自らの人生に疑問を感じ、本当の自分を見つけるべく旅に出るが……。本国フランスでは観客動員数300万人を超える大ヒットを記録し、セザール賞5部門を獲得するなど高く評価された。

作品データ

原題 Les garcons et Guillaume, a table!
製作年 2013年
製作国 フランス・ベルギー合作
配給 セテラ・インターナショナル
上映時間 87分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

ママが好きすぎて自分を見失った「ボク」の痛快な自画像
不機嫌なママにメルシィ!の映画評論・批評

自伝というのは、おそらく最も難しいジャンルだろう。自意識や見栄、よく思われたいという欲が邪魔をして、自分を客観視することは至難の業。自分の恥をさらすのは勇気がいるものだ。しかし、そんな難関をいともたやすく乗り越えた痛快なセルフ・ポート...不機嫌なママにメルシィ!の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全11件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

Amazonプライムビデオで関連作を見る

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi