オマールの壁
ホーム > 作品情報 > 映画「オマールの壁」
メニュー

オマールの壁

劇場公開日

解説

「パラダイス・ナウ」のハニ・アブ・アサド監督が、緊張下にあるパレスチナの今を生き抜く若者たちの現実を、サスペンスフルに描く。第66回カンヌ映画祭ある視点部門審査員賞を受賞し、第86回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた。長きに渡る占領状態により、自由のない日々を送っているパレスチナの若者たち。パン職人のオマールは、監視塔からの銃弾を避けながら、分離壁の向こう側に住む恋人のもとへと通っていた。そんな日常を変えるため、オマールは仲間ともに立ち上がるが、イスラエル兵殺害容疑で捕えられ、秘密警察より拷問を受けることとなる。そこでオマールは、囚人として一生を終えるか、仲間を裏切りスパイになるかという究極ともいえる選択を迫られる。100%パレスチナの資本によって製作され、スタッフは全てパレスチナ人、撮影も全てパレスチナで行われた。

作品データ

原題 Omar
製作年 2013年
製作国 パレスチナ
配給 アップリンク
上映時間 97分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第86回 アカデミー賞(2014年)

ノミネート
外国語映画賞  

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

出品
ある視点部門
出品作品 ハニ・アブ・アサド
ある視点部門 審査員賞 ハニ・アブ・アサド

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

青春映画のタッチと重厚なトーンを融合させた簡潔な語り口で魅了する
オマールの壁の映画評論・批評

冒頭、眼前にそびえたつ分離壁をよじのぼって、飄々と乗り越えていく青年オマールの雄姿が印象的だ。幼なじみの親友タレクとその妹ナディア、アムジャドとの束の間の戯言、とりわけナディアへのはち切れんばかりの恋情が彼の身体のはずむような躍動感を...オマールの壁の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全18件)
  • すごくよかった ネタバレ! 疑心暗鬼で、誰が本当なのか主人公すら分からなくて、見ていてとてもハラハラした。サスペンス性がとても高くて面白い。結果的には主人公がすごくお人よしだった。 あんな状況で生きていくのはつらすぎる。こ... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2016年10月22日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 猿の捕まえ方 ネタバレ! 資本、スタッフ、キャスト、すべてパレスチナ人による制作ということに心動かされる。この時点でパレスチナ人なら周知の歴史や民族感情について既知でなければ、映画の中に張られた伏線の理解が深くはならない... ...続きを読む

    栗太郎 栗太郎さん  2016年8月23日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 登れない壁=青春の終わり 見る前はもっと政治色の強い作品を想像していたのだが、意外なほどニュートラルなサスペンス映画であり、青春映画だった。イスラエルの秘密警察の捜査官を怪物のような存在ではなく、ごく普通の人間として描い... ...続きを読む

    KY KYさん  2016年8月8日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「オマールの壁」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi