勝手にしやがれのレビュー・感想・評価

メニュー

勝手にしやがれ

劇場公開日 2016年7月23日
18件を表示 映画レビューを書く

マルセイユで車を盗んだポワカールは追跡してきた警官を撃ち殺してしま...

マルセイユで車を盗んだポワカールは追跡してきた警官を撃ち殺してしまう。

そして、パリに逃げてくるのだが、そこには頭から離れない女がいるのだった。

ゴダールの初監督長編作品で、トリュフォーの原案、ヌーヴェル・ヴァーグの代表的映画。

ジャンプ・カットなどさまざまな映画の革命が行われたみたい。

「僕は阿呆だ」から「君は最低だ」までに紡がれる、〈幸福な愛も不幸な愛も存在しない〉2人のちぐはぐな感情の応酬、しかもリアル。

好き勝手やっている男なのに、好きになった女には弱い、女性って結局は強いなぁ。

とにかく、60年代パリの雰囲気は素敵、人はかっこいい。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2017年8月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しいことはわからんけど・・・

コラージュとかなんとかかんとか難しいことはわからないけど単純に映画として面白いと思います。

カット割りとか会話劇とか高テンポでいやすいしおしゃれでかっこいいと思います。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

超クール!

主人公の刹那な生と散文的な台詞が相まって相当クール。
ゴダール、難しいと思いきやストレートな物語で良かった。

めたる
めたるさん / 2016年11月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ひとことReview

この映画は、映画史を知る意味で、学習のつもりで観て欲しい。即興演出に、手持ちカメラでの街頭撮影。今では当たり前のように行われているんだけど、それ以前は無かったらしい。

極東新天地
極東新天地さん / 2016年9月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

彼女の気持ち ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

愛したいけど、愛しなくない。
そんな身勝手な彼女に共感なんてできないと思ったけど、映画館を出た私は、すっかりパトリシアになった気分。

全く最低だの最後のセリフは、パトリシアが最低な女という意味ではなく、きっと惚れちまった最低だの意味かな。

asm
asmさん / 2016年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

白いシーツ

70年代に20歳で見たときはシーツにおわれたシーンが一番記憶に残ったー真っ白い世界だーとかなんとかのセリフのシーン そこが一番好きだったーという記憶はなんだったのだろうか?
パンフレットの字幕とトリビアから確認ー
何故目を閉じる?真っ暗になるよう きつく閉じてもだめなの 真っ暗じゃない

今みても映像も音楽も斬新で会話はキュート
若い頃みたときよりももっともっと好きな映画になりました

えりちゃん
えりちゃんさん / 2016年8月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すべてが自由な作品

自由奔放なジャン=ポール・ベルモンドを手持ちカメラで自由に追い続け、そしてゴダール感覚で自由に繋がれた映像が、荒々しくザクザクと続いていく。それでいながら人と人との駆け引きが事細かに表現されていて、結末に至るまで見る者を楽しませてくれる。
見る人が見れば、雑すぎるという感想をもつかもしれないけれど、印象に残るカットがたくさんあることもまた事実。
制作手法はインプロヴィゼーションを多用していたと伝え聞くこの作品は、自分にしてみれば奇跡のような作品だとしか思えない。

どう捉えようとも虚構でしかない物語が、間違いなくそこに存在するこの作品、まさに、世界は映画の中にある。

SH
SHさん / 2016年8月3日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

お洒落映画好きはケガする、ソレがゴダール。

初めて観た時はお洒落な雰囲気にゴダールのお洒落な感じで知ったかぶりで鑑賞。

内容は陳腐で退屈なシーン少々に物語としても正直楽しめなくやはりお洒落な雰囲気は抜群の印象で嫌いな作品では無かった。

映画館で観れるチャンスが来て初見よりは大人になりゴダールの他の作品も観たり知識を得たり前とは違った感想も出るだろうと。

今、ゴダールの作品を特に勝手にしやがれを観ると無意識にもゴダール的な雰囲気の映画って沢山あるなぁと特にミニシアター系の日本映画は意識的にも無意識的にも。

フランス映画でアノ時代の雰囲気に天然にお洒落なゴダールと敵う者は無し。

ヤッパやさぐれたジャンポールベルモンドのスーツの着こなしが最高。

お洒落な雰囲気だけで簡単に観れるお洒落な映画では無いし難しく頭の良いシネフィルだけが理解し好む作品でも無いゴダール。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年7月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的 萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「Jean-Luc Godardは若いうちに観るべき」

のようなことを、敬愛する村上春樹さんが言っていました。確かにそう思います。
見終えて「なんだかよく分からない」でもいい。とにかく予備知識も先入観も持たず、蘊蓄もわからず、観てみようと。私もそうでした。(昔の話)

「勝手にしやがれ」は久しぶり。時代のせいもあるけれど、とにかくどこを切り取っても日本と重ならない。こんな映画を28歳の監督が作ってしまう。フランスって成熟しているなー、羨ましいとあらためて思った。日本もそうなって欲しいのだけど。

K's cinemaにて鑑賞。せっかくだから「気狂いピエロ」も観たい。

2016年7月27日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ザ・モノクロ映画

かわいい!1画面1画面をポートレートにして飾りたいくらいかわいい。白黒映画あんまり見たことないんだけど、白黒映画と聞いてイメージする絵面そのものが広がってる感じ。

ジーン・セバーグが超かわいくて魅力的。

の
さん / 2016年7月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勝手すぎてイライラするし振り回されっぱなしの女にもイライラする。 ...

勝手すぎてイライラするし振り回されっぱなしの女にもイライラする。
ヒモで女好きで自己中な犯罪者のどこに惚れたのかをもっと納得させてほしい

LandBLUE
LandBLUEさん / 2016年5月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

白黒がまた、良い

ベルモンドがとにかくカッコよく撮られている映画です。こんなダメ男について行きたくなる女の人の気持ちがわかるくらいカッコ良いです。

ふ
さん / 2015年12月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

言い回しがカッコ良いです。 「密告者は密告し、強盗は強盗し、殺人者...

言い回しがカッコ良いです。
「密告者は密告し、強盗は強盗し、殺人者は殺人し、恋人は恋をする。」

Y.Yuki
Y.Yukiさん / 2015年10月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アメリカというもの

ゴダールによる記念碑的作品。第二次大戦後の、アメリカ文化に恋するフランス(人)の姿がここには見られる。つまり、主人公はまことに「やっかいなことに」アメリカ人女性に恋をしてしまう。最後に裏切られることが予見できるにもかかわらず、彼はその恋から自由になれないのだ。
恋の相手が果たして悪い女なのか、その問いそのものがいかに頼りない価値観の上に立てられているのかは、空港でのインタビューのシーンで語られている。誰のせいにもすることが出来ない自滅への道を、映画は一直線に進む。
フランス映画は、このフィルムも含めたヌーベルヴァーグにより、自らをアメリカ映画と相対化することに成功するのだが、結局は小さなハリウッドとして、他の国々と同様にアメリカの市場戦略にのみ込まれていくのだ。
 この作品は、ヌーベルバーグの嚆矢とも言えるとともに、その後のフランス映画の末路までも予見するものとなったのではなかろうか。

よしただ
よしたださん / 2014年7月30日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

かわいい

主演のジャン・ポール・ベルモンドとジーン・セバーグの会話と仕草がおしゃれで良かった。
都会的だと思った。
およそ五十年前の映画でも、楽しめる。さすがゴダールの名作。

ミツマメ
ミツマメさん / 2014年7月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

最高のパリを味わえるNo.1映画

とにかくパリが美しい!!シャンゼリゼ通り、エッフェル塔、ピラミッド広場…こんなに美しい街だったと気づかされるのはここ最近ではミッドナイト・イン・パリスくらいでしょうか。
しかも、なんといってもジーン・セバーグ!!ショートカットの笑顔が美しすぎるし、ニューヨークトリビューンのジャカードニット?姿もボーダートップス×プリーツスカート姿もめちゃくちゃ可愛すぎる!!
そしてお相手のクズ男はジャン・ポール・ベルモンド。色男を絵に描いたようなサル顔のこの男のスーツを崩した姿や、様々な高級車を乗り回す姿は絵になりすぎる!!本当にクズなんですけどね。
ゴットファーザーとかみたいな骨太のギャング映画ではなく、さらば青春の光とか、ロックストックとかに通じるようなチンピラ感も嫌いじゃないっていうか、むしろ好きです。
ジャンリュックゴダールのこの映画の作りも、テンポがよい割りに、セバーグもベルモンドもそしてパリも、描写の美しさも満足です。
話の内容は…金と女と「何とかなる」明日を過ごすガキと、男への純真と「何とかしたい明日」を夢見る少女の交わらなすぎる恋愛事情を中心に、チンピラの事件をスパイスに進行しますが、やっぱりここはフランス的哲学。さっぱりわからないことが多すぎる笑。まぁ、もう折り込み済みですけどね。
セバーグが新聞を売るスッキリした洗練された空気感もベルモンドが最後を迎える無情な空気感も、とにかく映画の空気って本当に素晴らしいなと感じた名作です。

もしゃ
もしゃさん / 2014年5月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

モノクロ、なのにカラフルでポップな印象が残る

街並みや自動車や通行人やファッション、とてつもなくおしゃれだ。ショートカットかわいい。声もかわいい。シマのワンピース、それから最後のほうでその上に羽織るカーディガン、全部かわいい。
で、ストーリーはどういう感じなんでしょう。あんまりよくわからん。
ときどき場面が一瞬だけ、飛ぶ、あれはなんなのでしょう。技術的なことでああなっているのか、センスがそうさせているのか、いずれにしろ、良い。通行人はみんなリアルな人たちでしょうか、めっちゃ視線くれている。
脈絡がないような男女の会話が、さらっとしていて実に軽妙だ。アメリカ人、はたまた日本人にはできないあの感じ。
追記
ああ、あれジャンプカットっていうのか。先人のレビュー見て勉強しました。やっぱり通行人もその辺の人か。これがデビュー作というのも知らなかった。いきなりこれはすごいな。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2014年4月11日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人生太く短く ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:80点
ストーリー: 80
キャスト: 85
演出: 80
ビジュアル: 65
音楽: 65

 良く言えば自由奔放。だが悪く言えば自分勝手でいいかげんで社会を無視した根っからの犯罪者。人生必ずしもうまくいくばかりではない。それでも太く短くというのは本人も望んでいた生き方だったのではないか。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

18件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi