ライヴのレビュー・感想・評価

メニュー

ライヴ

劇場公開日 2014年5月10日
11件を表示 映画レビューを書く

好みが別れそう

無駄にグロい。
チープな殺陣。
ご都合主義。

ストーリーは斬新で面白い。

両腕チェーンソーとかナイフ付シューズとかローラースケート&ボウガンは監督の趣味でしょうか

カミムラ
カミムラさん / 2016年9月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

両腕チェーンソーガールが可愛かった

映画としては監督の過去作品と比べて登場人物の人間としての反応がおかしい。台詞の中での自己紹介がやたらと多い。戦闘シーンとか面白い場面もいくつもあるのだけれど、本筋じゃないところの駄目な部分が多くて観づらいです。

他人には薦めません。

yonda?
yonda?さん / 2016年6月27日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

井口昇作品にしてはグロも下品さも馬鹿さ加減も抑え気味でちょうど良い

最近の井口昇作品の内では最も好み.やはりこれぐらいグロも下品さも馬鹿さ加減も(この人にしては)抑え気味にした方が良い気がする.入来茉里ほか出演陣もヨシ.

ykono
ykonoさん / 2015年1月31日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

劇場で見る価値は微妙な所だが、おもしろかった。

まあ酷評がいるのはなんとなくわかるが、退屈はさせない日本のB級映画という感じ。

設定がなかなか良いと思う。

山田悠介ってかなり酷評されていて、自分も嫌いではあるのだけど、これは、まさに原作の映画化の冒険を見せてくれた作品だと思う。

しかも、山田悠介と井口昇監督の相性が良いせいか、くだらなくも面白い作品になっています。

アイデアも抜群で、なかなかユニークな武器があってそういう部分でも楽しく見られた。

クライマックスはちょっとした驚きもあって最後は思わずホッコリさせられる作品でした。

エロ自体は裸は特には見せないし、グロも大してグロくないのでPG12でも良かった気がするかな。人によるけど…

まあかな〜り、軽く批評し終わりますが、とりあえず暇つぶしにしては満足できる、そんな作品。一応オススメです。

萌えポイント

まずは、大野いと。

なんか今までで一番可愛く撮られていた気がする…。ちょっとしたキスシーンには惚れました。

次に、入来茉里。

とても血を浴びた姿が似合ってた。チェーソーを振りかざす姿ももう似合いすぎ。

再び、惚れました。

作品に向き合うゆき平
作品に向き合うゆき平さん / 2014年10月13日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 単純 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これが角川映画のDNA?

登場人物全てバカです。
だから登場人物に感情移入はほぼ出来ません。

あとストーリーもパッとしません。

ただ入来茉里がかわいい凄くかわいいそれが良かった。

ましゅまろきゃんでぃー
ましゅまろきゃんでぃーさん / 2014年9月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

もっとスリリングでサスペンスでホラーかと思ってた。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんか終始テンションが掴めない映画だった。
ハラハラするサスペンスなのかと思いきや、いきなりバラエティ番組の様なスローやズームが入ってきたり。
死んだ時にジャーン!みたいなSEも「えっそんなノリなの?」と思ったほど。
でもそういうのが逆に面白くて、なんか色々わかんないけど面白かったです。
死ぬシーンなのにネタ展開みたいな違和感に爆笑してました。
あとアクションとかがちょいちょいくそかっこいい。
ただ、ローラースケート凄く遅そう。。。かっこ悪かったですなんか。。。なんでだろう。
ただ、
クセになりそうな意味不明感。
また観たいかも…と思った作品でした。

いまじん
いまじんさん / 2014年9月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グロイ・・・免疫なかったからヘビーだった。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

山田裕貴さんが好きで観ました。

まさか・・・こんなにグロイとは・・・。

原作は山田悠介さんとあって、予想はしていたんですが

これは実写化するとかなりハードな展開なんですね。

取り合えず・・・血が吹き飛ぶ、吹き飛ぶ・・。

普段こういう作品を見慣れていない私にとっては

ちょっとヘビーでした。

でも、なぜか

最後はホロっとくる。・・・なんでだ・・・。

仲間とか親子とか随所に人間ドラマも見せてくれるので

後味はいい。

ここまでに到達するまで、まー 数々の過激シーンを消化しないとならないので

覚悟してから観てください。

エンディングの曲が妙に心に沁みた。

癖になってもう一度みたくなるような作品。

テンポもいいので若い方にもウケるかも。

新境地で刺激的でした(*^^)v

tomo55
tomo55さん / 2014年9月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

自らの感性を定期的に確認する試金石。

酷かった。
本当に酷かった。

山田悠介「ライヴ」が原作。
原作を攻略本とする本作の設定を“斬新”と褒める方もいますが…個人的には目新しい点は皆無。
結局は井口昇 監督作品。
原作という制限がある中で如何に監督の趣味である『特撮、血、機械化した女性、お色気』を出すかの辻褄合わせという印象でした。

そもそも中身が薄い。
上映105分の中で度々ダレる場面があり辟易。
同じような映像が何度も出てくるため序盤で飽きて苛々します。

また役者の演技にも難有り。
本作では主要人物である山田裕貴、大野いと、森永悠希の演技が総じて酷い。
ただ今年鑑賞した映画「ヌイグルマーZ」も含めて考えると役者の力量だけではなく演出側の問題もあるかと。
他作品では問題なく観れた俳優陣ですら本作ではガッタガタ。
おそらく井口昇 監督は自身が撮りたいモノのみに妄執、その他には気が回っていない。
結果、学芸会レベルのグダグダ演技が世に出されるという大惨事。
登場人物の言動を自然に観せる工夫が無いため常に違和感や苛々が付き纏い無駄に疲れます。

最も残念だったのが監督が主眼を置く『特撮、血、機械化した女性、お色気』自体も残念だった点。
直人と行動を共にする複数の人物達が中盤に或る武装女性達と対峙するのですが。
この時点でググッと物語のリアリティラインが下がります。
意味もなく機械化された女性達は理由もなく水着姿もしくはチラ見せ。
色々と飢えていた10代ならばいざ知らず、R15+作品では噴飯モノ以外何物でもありません。
演技も拙く苦痛以外の何物でもありませんでした。

良い所を見つけるのが極端に難しい本作。
唯一の良い点は井口昇 監督作品が全くブレないこと。
自身が井口昇 監督作品を本当に酷いと感じる感性であることを改めて確認出来て良かったです。
個人的には糞不味くてかつ店員の接客も極端に酷いと分かっている定食屋へ敢えて定期的に足を運ぶ感覚に似ている気がします。

自分の感性は(自分の中では)正常であるという確認作業。
そういう意味では井口昇 監督作品は自らの感性を定期的に確認する試金石と言えます。

時間が45分程度で、鑑賞料が1,000円未満であれば許せないこともない本作。
映画を年間数本しか観ない方にはオススメしませんが。
本作の監督が好きな方や特撮が好き過ぎる方ならばオススメです。

Opportunity Cost
Opportunity Costさん / 2014年5月30日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

アイデアが凄いが、決してアイデア一発ではない楽しい娯楽映画

デスゲームもの映画は数あれど、原作本を映画に登場させるというアイデアは斬新だろう。あくまでも現実の話なのである。
主人公は最初はどうしょうもないダメ人間なわけだが、原作通りに主人公の役割を与えられて成長していくのが感動的。特に中盤のセリフには泣かされたし、ラストも秀逸。
それと残虐描写がかなりキツイのも好感がもてた。そこにかぶさる妙に軽快な音楽もグッド。

バイオレンス・アックン
バイオレンス・アックンさん / 2014年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勢いがすごい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 なんとほぼ全編新潟が舞台で追いかけっこや殺し合いが描かれていて、知り合いのおばさんの大西さんが古町モールで眉間を撃たれてうっすら笑顔を浮かべながら死んで行くので驚いた。井口監督の舞台挨拶を見に行ったところ新潟は映画の撮影にとても協力的でなんでも許可してくれるとの事だった。しかし、なんでも許可を得ないといけない社会にすっかりなってしまったのだなという閉塞感も感じた。

 映画の内容はとても自由闊達で、エネルギッシュに叫んだり暴れたり殺し合いをしていた。物理的な法則や話の辻褄などもあまり気にしない勢いにあふれていた。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

エロとグロの雨あられ。覚悟なしには観られない別次元ムービー!!

【賛否両論チェック】
賛:設定がとっても斬新。原作を読みながらレースを進める展開も奇抜。ハラハラドキドキの展開に目が離せない。
否:とにかくお色気シーンと惨殺シーンのオンパレードなので、苦手な人には無理。

 この映画、とにかく設定がとっても斬新です。原作片手に話が展開していく様は、まさに原作モノ映画の定番を超えています(笑)。レース自体はとっても理不尽で、残酷なシーンも多数出てきます。かなりグロいです。そしてそれと同じくらい、よく分からないお色気シーンもメッチャ出てきます(笑)。その辺は、好みがすっごく分かれそうなところです。
 他にも、「パズル」との意外なリンクがあったり、意外な人物が犯人だったりする辺りは、まさに山田悠介サスペンス。賛否両論あるかとは思いますが、普通の映画に飽きた方には、是非オススメです。

映画コーディネーター・門倉カド
映画コーディネーター・門倉カドさん / 2014年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

11件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi