神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃のレビュー・感想・評価

神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃

劇場公開日 2014年4月19日
1件を表示 映画レビューを書く

小規模なスペクタクル。

17世紀後半、30万の大軍を率いるオスマントルコ軍によって包囲され、
絶体絶命の危機に瀕したローマ帝国が、奇跡的な勝利を収めた史実を
映画化した歴史ドラマ。TV局制作と分かる小規模なスペクタクルや、
少なすぎる登場人物など、歴史の偉大さからはかけ離れているものの
宗教対立に疎い立場にとっては大変勉強になる話。修道士マルコよりも、
カラ・ムスタファよりも、名将の誉れ高いポーランド王ヤン3世ソビェスキが
4万の援軍を従え、戦いの形勢を完全に逆転させる後半が見せ場。

ハチコ
ハチコさん / 2014年8月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi