インヒアレント・ヴァイス
ホーム > 作品情報 > 映画「インヒアレント・ヴァイス」
メニュー

インヒアレント・ヴァイス

劇場公開日

解説

「ザ・マスター」のポール・トーマス・アンダーソン監督とホアキン・フェニックスが再タッグを組み、米作家トマス・ピンチョンの探偵小説「LAヴァイス」を映画化。1970年代のロサンゼルスを舞台に、ヒッピーの探偵ドックが、元恋人の依頼を受けたことから思わぬ陰謀に巻き込まれていく姿を描いた。元恋人のシャスタから、彼女が愛人をしている不動産王の悪だくみを暴いてほしいと依頼された私立探偵のドック。しかし、ドックが調査を開始すると不動産王もシャスタも姿を消してしまう。ドックはやがて、巨大な金が動く土地開発に絡んだ、国際麻薬組織の陰謀に引き寄せらていく。共演にジョシュ・ブローリン、オーウェン・ウィルソン、リース・ウィザースプーン、ベニチオ・デル・トロ。

キャスト

作品データ

原題 Inherent Vice
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 149分
映倫区分 R15+
ハッシュタグ

#インヒアレントヴァイス

オフィシャルサイト  

受賞歴

第87回 アカデミー賞(2015年)

ノミネート
脚色賞 ポール・トーマス・アンダーソン
衣装デザイン賞 マーク・ブリッジス

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート
最優秀主演男優賞(コメディ/ミュージカル) ホアキン・フェニックス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

生と死が限りなく近づき、戯れる秘密の場所
インヒアレント・ヴァイスの映画評論・批評

アメリカの現代文学を代表する作家と言うよりも、アメリカ現代文学の巨人と言う方が似つかわしいトマス・ピンチョン。寡作、膨大な文字量に加え、博学、誇大妄想、横滑りに時空の自由な横断と過剰な享楽快楽道楽自堕落、その計り知れない時間と空間の広...インヒアレント・ヴァイスの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全41件)
  • PTA ってポール•トーマス•アンダーソンのことを略すのを知りました。 ヒッピーってもっとハイで群れて、自然であることを不自然なくらいにアピールしながら、ユートピアを求めてるイメージだったのに、主人公ド... ...続きを読む

    ®️KO ®️KOさん  2017年4月2日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 二転三転の展開に振り回される妙味 誰にでも隠れた瑕疵はあります。ヒッピーにも彼女にもアメリカという国自体にも。それにつけても「テキーラゾンビ」っていうカクテルはとてもファンキー。試してみたいです。あと、喜一郎のホットケーキも。 ...続きを読む

    いちとら いちとらさん  2017年3月21日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • よかった 一回目観たときは内容がよく把握できなかったので、名画座で二回目観た。 一回目よりはわかったが、説明しろと言われれば微妙。 ...続きを読む

    うんこたれぞう うんこたれぞうさん  2016年11月13日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

インヒアレント・ヴァイス インヒアレント・ヴァイス インヒアレント・ヴァイス
インヒアレント・ヴァイス インヒアレント・ヴァイス インヒアレント・ヴァイス
2015年8月19日 2016年12月6日 2017年3月26日
¥300 ¥2,000 ¥300
Amazonビデオ Google Play TSUTAYA TV
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi