まほろ駅前狂騒曲 : 映画評論・批評

まほろ駅前狂騒曲

劇場公開日 2014年10月18日
2014年10月14日更新 2014年10月18日より新宿ピカデリーほかにてロードショー

重さと軽さのブレンドが絶妙なバディ・ムービーの真骨頂

買い物袋を提げた多田(瑛太)と行天(松田龍平)が歩いている。3年(劇中の時間では2年)の月日を重ねてきたふたりの佇まいは、それだけでなんとも味わいがある。そして、少し後ろをゆく行天がタバコを一服しようとすると、“案の定”といった具合でちょっとしたアクシデントに見舞われる。コミカルでいて、本作のエッセンスの凝縮された鮮やかなオープニングだ。

前作(「まほろ駅前多田便利軒」)では多田が自らの過去と向き合ったが、本作は行天のターン。ふたりは、かつて行天が精子だけを提供して凪子(本上まなみ)が出産した娘はる(岩崎未来)をしばし預かることになる。また、まほろ町では自然食品栽培を謳う怪しい団体が活動しているのだが、ここの代表・小林(永瀬正敏)もまた、かつて行天と浅からぬ関係があった。

画像1

老人介護、人工授精、同性愛者のキャリア形成、カルト宗教……そんなシリアスな要素も大上段に構えることなく、あくまで1人1人の事情として描かれていく。なんといっても、ふたりは便利屋なのだ。どんな個人的な依頼にも対応し、トラブルを解決する。行天の手当の施された小指のように、また動くならそれでいい。ただし、傷跡は残る。大森立嗣は、一貫してその傷跡の疼きにこだわってきた監督でもある。いつだって傷跡の疼きに気づかせてくれるのは、側にいる大事な人だ。行天の口ずさむナンバー、伊東ゆかりの「小指の想い出」が耳に残る。

重さと軽さのブレンドが絶妙だ。大根仁監督によるドラマ版(「まほろ駅前番外地」)のポップさが、本作にいいフィードバックをもたらしているように見えた。岡(麿赤兒)、山田(大森南朋)、亜沙子(真木よう子)、シンちゃん(松尾スズキ)……といったおなじみの面々との再会もうれしい(とくに、シンちゃんがまたやらかしてくれる)。ただ、そのぶん本作の重要なキーマンである小林のキャラクターが薄まっている感もあるが、必要十分な説明は永瀬の演技で補われている。

原作ともにまだまだいけるでしょう、続編。べつに競う必要はないが、松田龍平の“相棒”ポジションがかぶっている「探偵はBARにいる」シリーズ(あちらも面白いけど)よりも長く続けて、日本映画界にバディ・ムービーの金字塔を打ち立ててほしい。いや、多田と行天が並んで歩いていく、その道行きをいつまでも見ていたい。

九龍ジョー

関連コンテンツ

インタビュー

瑛太&松田龍平が語る、新たな領域に踏み込んだ多田と行天の関係性
インタビュー

バディものの形は数多くあるが、「多田便利軒」を営む多田啓介と助手(居候)の行天春彦は比類なきコンビといえる。映画「まほろ駅前多田便利軒」、連続ドラマ「まほろ駅前番外地」で2人の関係を熟成させてきた瑛太と松田龍平が、映画「まほろ駅前狂騒...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

まほろ駅前狂騒曲 ブルーレイ プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] まほろ駅前狂騒曲 DVD通常版[DVD] まほろ駅前狂騒曲 DVDプレミアム・エディション[DVD] 最高の離婚 DVD-BOX[DVD]
まほろ駅前狂騒曲 ブルーレイ プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] まほろ駅前狂騒曲 DVD通常版[DVD] まほろ駅前狂騒曲 DVDプレミアム・エディション[DVD] 最高の離婚 DVD-BOX[DVD]
発売日:2015年4月15日 最安価格: ¥4,018 発売日:2015年4月15日 最安価格: ¥2,462 発売日:2015年4月15日 最安価格: ¥1,123 発売日:2013年7月17日 最安価格: ¥18,221
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全57件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • ジャスティス・リーグ ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなた 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督) 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi