マンゴーと赤い車椅子のレビュー・感想・評価

マンゴーと赤い車椅子

劇場公開日 2015年2月7日
5件を表示 映画レビューを書く

演出の古臭さは気になりましたが、車椅子生活描写はリアルでした

仲倉監督自身も車椅子生活をしているからなのでしょうか、病院でのリハビリの様子や、車椅子生活の細かい部分に関しては、とてもリアリティがあって何かと考えさせられることの多い作品でした。
これは自身が体験していないとなかなかこうは描くことができなかったことでしょう。
リハビリは厳しい、退院してからも厳しい道のりが待っている、しかし一人で十分生きていける社会であることも示されている辺りは、説得力もあって希望が持てる作品に仕上がっていましたね。

ただ車椅子生活のリアリティ描写とは裏腹に、物語の方はいつの時代に考え付いたものなんだろうと、ちょっと疑問に思ってしまうような古臭さもあって、もう一つ入り込めなかったです。
まるで2○時間テレビ内のSPドラマを見ているようで、何かちょっとむず痒くて・・・。
特に秋元才加が演じた主人公・彩夏と病院内で知り合ったNAOTO演じる同じ車椅子生活者の翔太との恋愛描写に関しては、いくらなんでも酷すぎた。
終盤の唐突なラブシーンには、呆れて物も言えませんでしたよ(苦笑)
教材としても十分使えそうな題材の映画だっただけに、勿体無かったですね。

彩夏が半身不随になった経緯や、不倫していた話とかも、もう少し何とかして欲しかったような。
ある意味リアルと言えばリアルな設定なんですけどね、でもこれだと映画的に感情移入し難いので・・・。
とは言え、自暴自棄になった彼女が運命を受け入れて前へ進もうとするストーリー展開は、ベタながらリハビリ描写の秀逸さや周りの支えが上手く描かれていたこともあってか、何だかんだで心揺さぶられるものはありましたけどね。
まあどんなに健康な人でも、病気や事故でいつ車椅子生活を送ることになるか分からないのが現実なんだ、そしてそれでも生きていかなければいけないんだ、そんなこともふと思わされた映画でした。

主演の秋元才加は、難しい役どころを見事にこなしていたと思いましたよ。
気の強そうな顔立ちが、役柄にピッタリだったのも功を奏しましたね、鍛え抜かれた肉体も見事に生かした印象です。
翔太役のNAOTOは演技が少し硬かったかも?まあ本業ではないので仕方ないですが、EXILE系の方は何故皆ヤンキー臭漂う役ばかりなのか。
彩夏と同室の妹分・千尋役の吉岡里帆は単純に可愛かったなぁ、ブレーク前の吉岡里帆を見たい方には必見の映画でしょう。

スペランカー
スペランカーさん / 2016年9月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

良い映画でした ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

困難に挫けず今を見て前へ進んで行こうというメッセージがよく伝わりました。
劇中では主人公以外の登場人物の苦悩やそれを解決していく過程が描かれていてあっという間に時間が過ぎました。
ただ残念なのは障害者の恋愛や性を表現したかったんでしょうが突然のベッドシーン(しかも病院?)があまりにも安っぽく、それっきり進展もなく終わってしまったことですね。あれでは一夜限りの関係なのかと思ってしまいます。
ヴァージン発言とベッドシーンがなければ学校の教材にも使われていたでしょう

アンブロ
アンブロさん / 2015年3月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい映画でした。

マンゴーと赤い車椅子見てきました。主人公の直向きな姿がとてもよかったです。所々もう少し掘り下げてほしいところもありましたが、見終わって前向きになれるいい映画でした。山口百恵さんの映画を思い出しました。

merry
merryさん / 2015年2月19日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

吉岡里帆の活躍を観たくて

吉岡里帆の活躍を観たくて大画面で観ました。
少し真面目過ぎる感じもありましたが、看護と理学療法の現場がリアルに見られて、バリアフリーのことなど色々思いました。

kogurrenob
kogurrenobさん / 2015年2月14日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  楽しい 単純 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

マンゴーと赤い車椅子

外崎千尋役の吉岡里帆が素晴らしい。透明感があり、彼女のホッとさせるような素敵な笑顔が本作の中で輝いていた。秋元才加も良かったが、演技の上手さと言うよりは本人の人間的魅力という印象。これからに期待したい。
また、仁科貴の役どころも良かった。「神戸在住」に続き、非常に印象に残る良いキャラクターを演じてくれている。

正直、なんだそりゃと思うような演出もあったのだが、
寝たきり状態になった主人公が、数時間おきの床擦れ防止の体位変換に苛立ったり、久しぶりにベットから起き上がってその視界の違いを感じる等の、車椅子の監督自身の経験が感じられるような描写は良かったと思う。

いっちー
いっちーさん / 2015年2月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi