エベレスト 若きクライマーの挑戦
ホーム > 作品情報 > 映画「エベレスト 若きクライマーの挑戦」
メニュー

エベレスト 若きクライマーの挑戦

解説

カナダ人初のエベレスト登頂隊の実話を、壮大なスケールで映画化した山岳ドラマ。若き登山家ローリーをはじめとする登山隊が、カナダ人として初のエベレスト登頂を成功させるべく訓練登山に励んでいた。ところがその途中、仲間のひとりであるジョンが滑落死してしまう。ローリーたちはジョンの死を悼みながらも、1982年夏にエベレストへ向けて出発。そんな彼らを待ち受けていたのは、あまりにも過酷な運命だった。出演は「スター・トレック」シリーズのウィリアム・シャトナー、TVシリーズ「ビバリーヒルズ高校白書」のジェイソン・プリーストリー、「メン・アット・ワーク」のレスリー・ホープほか。

スタッフ

監督
製作
ヘザー・ホールデン
ランディ・ブラッドショー
製作総指揮
メアリー・ヤング・レッキー
ジェイソン・リー
脚本
キース・ロス・レッキー
撮影
デリック・アンダーシュルツ
美術
トム・ビダー
編集
ラルフ・ブランジェス
音楽
クリストファー・デドリック

作品データ

原題 Everest
製作年 2007年
製作国 カナダ
上映時間 93分

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • わかりやすくドラマに アクシデントを都度はさみながら、わかりやすいドラマに仕上げた映画です。淡々と、リアリティーを追うような難しいことはしていない。そのぶん、オーバー演出はしらけないでもない。 でも、山頂を目指すとい... ...続きを読む

    okaoka0820 okaoka0820さん  2016年5月7日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi