幸せのありかのレビュー・感想・評価

メニュー

幸せのありか

劇場公開日 2014年12月13日
6件を表示 映画レビューを書く

号泣覚悟で行ったけど

難病や障がい者が主人公の映画なのでティッシュ握りしめて見始めました。グッとくる場面はあったけど、よくある泣かせます!ではなくじわっとこみ上げてくる感じで良かった。あの状況で絶望せずに生きることの喜びや希望を忘れない主人公が素晴らしい!しみじみと良い映画でした。

かきのたにぇ
かきのたにぇさん / 2015年3月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

♡↑⚪︎

○明るさ!

脳性麻痺を持つ主人公・マテウシュだけど、恋をし、自由を求める、「一般的な男の子」として描かれています。
普通のお涙頂戴モノとは違って、フレンドリーな目線で見られます。

○感情

笑いもすれば、泣きもする。そしてひどい行為には怒りもぶつける。
人のことをよく見ているマテウシュの、感情やこころの動きに見ている側も共鳴していきます。

○今我慢し、耐えている方にオススメ

施設に入れられ、白く閉ざされた世界に押し込められるマテウシュ。しかし、チャンスを手にした途端、再び輝き出します。
冬のように、サナギのように、今頑張っている方にオススメです。

憶 文月
憶 文月さん / 2015年2月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人間とは何か、人間の尊厳とは何か

人が人を理解すること。一見簡単なようでとてつもなく難しいことだ。
特に、先入観や偏見にしばられてしまうと、ステレオタイプに陥ってしまい、現実が見えなくなってしまう。
この人はこういう人だ、と思っていること自体を相手に見抜かれているかもしれないのだ。
また、難しいテーマを簡単で、ありがちな結論に導かないところも素晴らしい。しかも、深刻な内容であるにも関わらず、ユーモアにも溢れていて、ついつい自分もドラマの中にいるような気にさせてくれる。
まさに静かな傑作❗暗示や展開も素晴らしく、人間の尊厳に満ち溢れている。

MASA
MASAさん / 2015年2月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2015年の初映画に選んで良かった。

幼少期に知的障害があると診断された主人公が、周りに理解されない奇声や行動の裏に、本当は知性と感情がある!と何とか周囲に伝えようとする葛藤する姿が印象的。その気高くて純粋な自我に胸が詰まる。公式にあるように、お涙頂戴ではなく、ユーモラスな家族の愛にほっこりし、映像の美しさとポーランドの風景の独特の哀愁と役者の澄んだ演技にじんわり。
見ながらずっと自分に言っていた。人が人を理解する。その手段をたくさん持っているのに諦めてないか、と。

明日花
明日花さん / 2015年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

キャラクターや演出が素敵

キャラクターや演出が素敵ですぐに話に引き込まれ、主人公マテウシュにすっかり感情移入されられました。過酷な境遇の中にも、愛や笑いや怒りや時には官能があり、一緒になって心揺さぶられました。
ですが後半はドキュメンタリー色が強くなり、自分には少し消化不良な終わり方でした。マテウシュが幸せになれたのかをもっと見せて欲しかったです。

rei
reiさん / 2014年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

障害で括れない

脳性麻痺の主人公が、26年間植物と同じようとみなされてすごしていた。彼に、意識があることがわかり、やっと人間として過ごすことができた。

障害者は、特別ではない。我々の社会の一部だ。個人では生きていけない。彼らに施すののではなく、社会の一員として共生することが我々の責任だ。特別ではなく、我々も自分以外の誰から共生するために助けをもらっている。

障害者と健常者、この二者択一ではない。グラデーションのようになっているのだ。

意識がないから、知的障害者とひとくくりにさせた主人公が、知的障害者ではない施設に行くのをあえて拒んだシーンを観て、我々が決めている基準が間違っているのではないかということを考えさせられた。

誰も、コミュニケーションが取れるのかどうかを、判断できないのだ。

か~さ
か~ささん / 2014年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi