幸せのありか
ホーム > 作品情報 > 映画「幸せのありか」
メニュー

幸せのありか

劇場公開日

解説

脳性麻痺の障害を持つ男性の幼少期から青年期までの悲喜こもごもを瑞々しく描き、2013年モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞するなど世界各地の映画祭で高く評価されたポーランド発のヒューマンドラマ。幼いころに医師から植物状態と診断されたマテウシュは、それでも愛情にあふれた両親のもとで豊かな経験を積み、幸せな子ども時代を過ごす。しかし身体が大きくなるにつれて家族との生活は困難になり、姉の結婚を機に病院に入れられてしまう。年老いた母や看護師に不満をぶつけることしかできないマテウシュは、ある日、美しい看護師マグダと出会い、心を通わせるようになるが……。青年期のマテウシュを演じたのは、「イーダ」のダビド・オグロドニク。日本では「ポーランド映画祭2013」にて、「ライフ・フィールズ・グッド」のタイトルで上映されている。

作品データ

原題 Chce sie zyc
製作年 2013年
製作国 ポーランド
配給 アルシネテラン
上映時間 107分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.8 3.8 (全6件)
  • 号泣覚悟で行ったけど 難病や障がい者が主人公の映画なのでティッシュ握りしめて見始めました。グッとくる場面はあったけど、よくある泣かせます!ではなくじわっとこみ上げてくる感じで良かった。あの状況で絶望せずに生きることの... ...続きを読む

    かきのたにぇ かきのたにぇさん  2015年3月25日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ♡↑⚪︎ ○明るさ! 脳性麻痺を持つ主人公・マテウシュだけど、恋をし、自由を求める、「一般的な男の子」として描かれています。 普通のお涙頂戴モノとは違って、フレンドリーな目線で見られます。 ○感情 笑いも... ...続きを読む

    憶 文月 憶 文月さん  2015年2月9日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人間とは何か、人間の尊厳とは何か 人が人を理解すること。一見簡単なようでとてつもなく難しいことだ。 特に、先入観や偏見にしばられてしまうと、ステレオタイプに陥ってしまい、現実が見えなくなってしまう。 この人はこういう人だ、と思っ... ...続きを読む

    MASA MASAさん  2015年2月2日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「幸せのありか」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi