ある精肉店のはなし
ホーム > 作品情報 > 映画「ある精肉店のはなし」
メニュー

ある精肉店のはなし

劇場公開日

解説

大阪貝塚市で代々、育てた牛を家族で食肉処理し、販売している精肉店を営む一家を、温かなまなざしで見つめたドキュメンタリー。大阪貝塚市にある北出精肉店では、7代目の長男が肉質を見極めて切り分け、妻は接客にいそしみ、ガレージで太鼓屋の看板を掲げる次男も自ら牛を解体し、なめした皮を使ってだんじり太鼓の皮の張り替えを行っている。しかし、穏やかに暮らす一家の心の中には、その仕事ゆえにいわれなき差別を受け続けてきた父の姿があった。それでも仕事に対する誇りをもって自らを律して生き、命を食べて人は生きるという生の本質を見つめ続けている一家の1年間を記録した。原発開発計画に反対する山口県祝島の人々を描いて大きな反響を呼んだ「祝(ほうり)の島」の纐纈あや監督の第2作。

スタッフ

監督
プロデューサー
本橋成一
撮影
大久保千津奈
録音
増田岳彦
編集
鵜飼邦彦
サウンドデザイン・整音
江夏正晃
音楽
佐久間順平
製作統括
大槻貴宏
製作デスク
中植きさら
グラフィックデザイン
大橋祐介

キャスト

作品データ

製作年 2013年
製作国 日本
配給 やしほ映画社、ポレポレタイムス社
上映時間 108分
オフィシャルサイト  

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全10件)
  • 命を頂いて生きてゆく 命を頂いて生きていることをもう一度見つめ直すドキュメンタリー。 命から食べ物にする過程もさることながら 残った皮を太鼓にしてゆく過程も興味深いし 被差別部落の歴史にも触れていて、 生きてゆくこと... ...続きを読む

    星のナターシャ 星のナターシャさん  2017年10月7日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • と畜から行っている精肉店の一家の話。 肉屋と同和地区というのは密接... と畜から行っている精肉店の一家の話。 肉屋と同和地区というのは密接な関係にあり、そのことを避けては通れない。 それを現実として、でもさらっと触れている。大変な思いをされたこともあると思うが、それ... ...続きを読む

    キッスィ キッスィさん  2017年7月1日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 自分の生き方、社会との関わりを見つめ直す 被差別部落の問題に正面から切り込んでいる。というような大上段に構えたドキュメンタリーではない。 ある一家が、自分たちの生業に対するいわれなき差別や貧困にもめげずに生きてきた先達を偲び、また、自ら... ...続きを読む

    よしただ よしたださん  2015年12月10日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ある精肉店のはなし」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi