トム・アット・ザ・ファームのレビュー・感想・評価

トム・アット・ザ・ファーム

劇場公開日 2014年10月25日
26件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

すごく哀しくて、難しくて、そして美しい作品

トムは愛した人を喪って、彼の実家に行く。車を運転するシーン‥
風のささやきが、すごく合ってます。

青インクで、紙に綴るシーンが、とても美しいです。
愛した人を喪失したトム、
トムに暴力をふるい束縛するフランシス
感情描写を丁寧に描かれた作品です。

Kurama
Kuramaさん / 2017年9月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2回みた

ドラン監督の他の作品は観たことないので、比較はできなかったけれど、
音楽で不安を煽ったり、
車のモチーフを出したり、
夕日の光を使ったり、とても綺麗な映画だった。
ゲイや暴力や家族がいるから自由にできないなどといった問題を切り取って表現しているような気がした。

Asda
Asdaさん / 2017年1月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界観! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

グザビエドランの世界観がすごい溢れてる
かっこいい、
もう冒頭の車のシーンからかっこいい
酒の飲み方、睨み方
ぜんぶがかっこいいんですね

なんかこの映画、人の気持ちが全然わかんなくて
兄ちゃんは狂ったように怒るし
母ちゃんはズレたところで笑うし
途中で現れた女はころっと心変わりするし
トムは精神病んでるところだし

どう見たらいいのかな〜という状態

自分は
結果的には、恋人の実家の農家だし、まあまあ可愛いところがある兄ちゃんがいるし、ここで暮らすのも悪くないかなと思い直すトムだったとさ
という解釈をしました

JYARI
JYARIさん / 2016年11月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

フランシスのUSAジャケットと
エンドロールの曲がアメリカ批判ぽいのは
何か関連があるの…?

だらだら観てしまったので、完全にストーリーに置いてかれました。

以下よくわからなかったところ↓
トムが農場の仕事にやりがいを見出す
フランシスに愛着が湧く
いっぺん逃げようとしたトムが帰ってくる

もっぺん観たらわかるかもしれないけど、
随所で流れる音楽が怖すぎて2度目勇気がないです。

いの
いのさん / 2016年9月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しい

同性愛がかなり重要な気がする。難しい。

素子
素子さん / 2016年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

美しきグザヴィエドラン

ドランの映画は『わたしはロランス』がいちばん好き。これは、ずっと気になってていて、観れてなくて、WOWOWで放送されるって知った時めちゃめちゃ高まった。ドランがとにかく美しい。美しいのです‼︎そして、やはり、天才‼︎と思える作品。トム自身の抱える問題から同性愛、親子と兄弟の問題まで複雑に絡み合っていてぼんやりしていると置いていかれてしまう。久々に想像して、考えて、観た映画。最後に、(ゲイでも)やはり、ドランは素敵です。

non
nonさん / 2016年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

誰の事も解らなかった⁉︎

ボンヤリと理解出来ている様で話しは不親切に進み登場人物誰一人として明確に明かされる何かが無く観客側が考え想像しなければ。

サイコサスペンス要素があり謎は謎のまま。

セリフでの過剰な説明、むしろ説明が皆無で観ていて気持ち良い。

万年 東一
万年 東一さん / 2016年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

グザヴィエ・ドラン美しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

紙ナプキンに青いインクで書くシーンからなんとなく緊張を強いられラストまで一気に見入ってしまった。
恋人の葬儀のため向かった田舎町で出会った兄は母に特別気を使う。
おそらく母はずっと昔から弟を溺愛してきたのだろう。それでも兄は愛する母が心地よいように気を使う。しかし弟の恋人が来て変化してゆく。母が長く生きながらえるより突然の死を迎える事を密かに望んでいたのだ。
それを思いがけず聞いてしまった母が冷静なのは何故だろう。おそらくずっと前に兄のことは諦めており愛情すらなかったのではないだろうか。それがより弟を偏愛する事に繋がったのだと思う。
トムは恋人の兄フランシスの中に愛するギョームを見て心を開いていく。画面一杯のグザヴィエ・ドランの心の動きを捉えた表情を見せるシーン。なんとも苦悩する青年の美しさ。
音楽の効果もありこの心理サスペンスは楽しめました。

ミツマメ
ミツマメさん / 2016年1月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

抑制の効いた、複雑に沢山の要素が詰まった映画だった。

抑制の効いた、複雑に沢山の要素が詰まった映画だった。

zarame
zarameさん / 2015年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

分かりづら!

ストーリーも意図したい事柄も分からないままに終わってしまったなぁー
話の細かな部分は見ている側へ委ねてくれたような意図は感じるのだけれども、土台となる話をもう少し説明してくれても─と思わずにはいられない。
トムは一体ファームから逃れたいのかそれとも大都市と決別したいのか、ハッキリしないところが現代的ということなのだろうか。
田舎は田舎で嫌な閉塞感が確実に存在するわけで、どこへ行ってもそれは変わらないというのも現代的なのか…。
現代社会を写し取った映画なのだろうなー。

SH
SHさん / 2015年7月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これを観たあとは録画したイッテQがみたくなる

暴力的なシーンが
とってもセクシー
生々しく感じてドキドキした

激しい渇望こそ心地よくなってきて、
次第にトムも兄を欲していく。

だけど、
人は何に救われるのか
それはわからない
漠然とではなくて、
自分が自分であるように
他人は他人である以上わからない
ということだ
たとえ重なりあっても溶け合ってももとは私であり、君であるようなこと

野蛮な締め上げに、バーのマスターの言葉に、同僚との久しぶりの再会かもしれないし、
絞ったミルクが美味しいことにかもしれない。
深深とした朝や
もしくは口の避けた男の横顔なのかもしれない。

スパイダーマンが恋人を救い出す感覚とは違うけれど、
町を背に進む姿は全てを受け入れることのように感じたんだ。
それって、
救われること
そのもののように感じたんだ

感じてばかりでごめんチャイナ

耳を塞げばミステリーでは無くなるんじゃないか?ってぐらいに、とにかく効果的に使われている音楽がこわかったわよ!

mew
mewさん / 2015年6月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

最後、お兄さんがアメリカの国旗か、ロゴのかいてあるTシャツをきて、...

最後、お兄さんがアメリカの国旗か、ロゴのかいてあるTシャツをきて、追いかけるシーンは、なにやら象徴的に見えた、

panda
pandaさん / 2015年6月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

焦燥と抑圧

母親というのは、自分の望むことしか見ようとしない。それでいて自分はまっとうだと信じ、家庭の中で支配的だ。
いいトシの息子に敬意を払わず、人前でも子ども扱い。
この母親は弟を溺愛し、兄は愛情に飢えて育ったことだろう。

人格を無視されると、人は理論的になれない。そして日常生活に焦燥感を持つと、明るい未来の生活設計などできないものだ。

一方。

保守的な風土の中で、ゲイは社会的に抑圧されている。
主人公はこんなにも美形なのに、爪を噛んでいる。綺麗な指ではない。
自分の手入れに余念がないナルシストとはちがう。

焦燥と抑圧。奇妙な共依存関係。

恋人を失い、死んだも同然の主人公が、恋人の面影を宿した兄の暴力に「生」や「自分の価値」を感じる。
閉塞空間の中で、こき使われて、子牛のように死ぬのも悪くない…って?

しかし、ストレートとゲイの関係は超えられない。兄によって口を裂かれたゲイ男の幻影。
本質に戦慄した主人公は、ついに農場を去る。
街には軽薄な男女。主人公に居場所はなさそうだ。

心理描写も状況説明も、余計な言葉は使われず、映像と音楽で語られる。
その中で、冒頭の、紙ナプキンに書かれた青いインクの言葉が美しい。

Raspberry
Raspberryさん / 2015年6月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

インパクトの強い映像

背中のすぐ後ろに据えられた一人称目線のカメラ、極端な顔のアップ、大きすぎるくらいの、食器をテーブルに置くなどモノ触れ合う音。かなりインパクトの強い映像が続く。20歳そこそこの若い監督、いやはや驚きだ。最近の若い感性の作り出す映像は、いろんな手法の違いはあるがやたらと刺激の強いものが多いような気がする。いや、若い監督だけじゃないか。大御所ゴダールの3Dに比べれば予定調和内なのかもしれない。映像表現自体が、より刺激的なものを求めているのだろうか。

酩酊石打刑
酩酊石打刑さん / 2015年5月13日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぐざびえ どらーん

次世代を担うドラン監督。

凄いね、若いのに凄いね。

普通に映画だもん。

惹き込まれるもん。

若いとか関係ないんですよね。

他の作品も観るべきですね。

明日観に行こう。

mommy

ではち
ではちさん / 2015年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

全編通して息が詰まるほど妖艶

ケベック州の田園地帯を見ようかな程度の知識で、グザビエ・ドラン作品初見。ドハマりです。戯曲の映画化ということですが演出として舞台臭が全くない。たぶんもう舞台は見てもつまらないレベルの完成度だと思われます。

みゃおぞう
みゃおぞうさん / 2015年2月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

体温の感覚がクール!

初 グザビエ・ドラン作品でした!
ストーリー、映像ともに他の誰でもない彼のならではの美学が感じられとても良かった。

次作も必ず観たいと思います。

HIROKICHI
HIROKICHIさん / 2014年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 怖い 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

未完成の大作

なんていったって若き天才ドランの新作。もう、半年以上前から楽しみにして楽しみにしまくって見に行きました。

正直な感想としては至極微妙なものとなった。まず、サイコサスペンスなのか何なのかわからないストーリーも未完成だし、誰が主役かわからない演出も未完成。とにかくよくわからない未完成な映画を、さもそれっぽい感じで見せられている感覚。

ドランはこれを撮りたかったのかね。言いたいことはわかるけど、もっと完成させてくれよと思うね。

私はロランスの奇跡から今作、そして、勝負は次作。フラットな評価を与えられる次作こそ、ドランが天才なのかどうなのかわかるはず。

Hiroki Abe
Hiroki Abeさん / 2014年12月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

難しかった… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

グザヴィエ・ドランらしさは今作でも堪能できた。画のらしさ、音のらしさ。

でも、肝心のお話がどう捉えたらいいかわかりませんでした。むーずーかーしーい。

尻尾は掴んだような気がしますが、すとんと腑に落ちる掴み方はできなかったよー。

フランシスはどうやら母への愛と憎悪の区別がついていませんよね。母を心配する名目で弟の真実を隠し、そのことにより母を苦しめる。その皮肉にフランシスが気付いているのかどうなのか。

母はなんなのか。トムが弔辞を読まなくてイラつくのは分かる。サラが葬式にこなくて怒るのは分かる。うん。ではトムが怪我をした時フランシスをひっぱたいたのは何か?分からない。フランシスが昔人の口を裂いたなどの素行の悪さからか?

トムがフランシスに従ったのは何か?一度は車で逃げたのに戻ったのは、ギョーム恋しさからと取れなくもない。けど、どうなんだろう。
サラをよんでからの言動はDV被害者の典型のような感じ。共依存的な?ストックホルム症候群的な?
牛の出産になぜあそこまで怯える?
フランシスに首を絞められてるとき、苦しさと恍惚を同時に味わっていたように思うけれど、フランシスの執着にギョームの影を探していたのか?

フランシスの出入り禁止事件と町の人の冷たい目の元凶は、フランシスの弟への執着心なのかなぁと思ったがどうなんだろう。
口を裂かれた人は弟がゲイっぽいといいたかったのか。
葬式にきてフランシスに追い出されたのは口を裂かれた彼だと思ったけどどうだろう。
葬式にきたんだからギョームの当時の彼なんじゃ?と思ったけど違うのかな?

わからなかった…
で。結局どうゆう話なの?というところが、まとめられません。
敗北感ありです。

金髪のグザヴィエもいいですね。襟足は前みたく短いほうが、好みですが。

だいず
だいずさん / 2014年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  怖い 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

劇場を飛び出し、人を避け、逃げたくなった。

こんな感情にさせられるとは思っていなかった。映画は大体、予告編やスチール、シノプシスを読み劇場に入る。なんの情報もなしに見る映画は素敵で発見に溢れるが、ドランである以上、そのこと自体が大きな情報であり無知のまま見ることは不可能だった。冒頭であまりにも吸い込まれ約5分で「大変なものを見に来てしまったのかもしれない。」という感覚になった。フランス語には温かみを勝手に感じているのだが怖いのなんの。同じカットが多用される。特にダイニングの引きの画。夢に出てきてしまう恐れがある。一回の映画で動物の遺体を二回見せられて若干腰が抜けるが牛を抱えるドランが美しすぎて何故か何故か拍手を贈りたくなる。そしてフランシスのトムに対する「強制」はこんなのあり得ないとか思うけど、至って普通に且つ日本で見れる光景だよな。と思いながら見ていた。とにかく感想が書けない今年の映画ナンバーワン。笑
劇場をとにかく抜け出したくて、駅改札の音を聞くのが怖く、耳を塞ぎたくなるが無音はもっと恐ろしく、出来ることならどこでもドアで実家に帰って鍋をつつき、それから寝る。それぐらいしないとこの映画は一生付きまとってくる。こんな感情にさせられたのは断言するが初。ああ、ドラン。これは映画に恋をしたとしか言いようが無いぞ。「恋」をした時の感情に似ているが全く違う。

ARC監督/脚本 篠原隼士
ARC監督/脚本 篠原隼士さん / 2014年11月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

26件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi