自由と壁とヒップホップ
ホーム > 作品情報 > 映画「自由と壁とヒップホップ」
メニュー

自由と壁とヒップホップ

劇場公開日

解説

パレスチナのヒップホップ・ムーブメントを取り上げたドキュメンタリー。占領地の検閲所や分離壁といった目に見える分断はもちろんのこと、ジェンダー差別や世代ギャップまで、さまざまな壁を音楽の力によって乗り越えていこうとする若者たちの姿を描く。イスラエル領内パレスチナ人地区で生まれた史上初のパレスチナ人ヒップホップ・グループ「DAM」が、占領や貧困、差別により生きる意味を見出せずにいる若者たちへ向けて言葉を紡ぎ、そんなDAMに刺激を受けた若者たちもまた、ヒップホップを志し、歌うことで失われていた感情が呼び覚まされていく。やがてDAMは各地で活躍するパレスチナ人ヒップホップ・グループを集めてライブを開こうと試みるが……。監督は自身もパレスチナにルーツを持つアラブ系アメリカ人の女性アーティスト、ジャッキー・リーム・サッローム。

キャスト

作品データ

原題 Slingshot Hip Hop
製作年 2008年
製作国 パレスチナ・アメリカ合作
配給 シグロ
上映時間 94分
 

関連ニュース:自由と壁とヒップホップ

自由と壁とヒップホップの関連ニュース

映画レビュー:自由と壁とヒップホップ

平均評価
4.0 4.0 50 (全3件)
  • 命の叫び、魂の叫び、人間の尊厳がここには溢れている! こんなにも厳しく、過酷で悲惨な現実社会でありながら、そこに生きる人々の苦しみをこれ程までに、共感を持てるように、明るく、力強く描き出した作品を私は嘗て観た事が無い。 この私達が暮している日本から... ...続きを読む

    Ryuu topiann(リュウとぴあん) Ryuu topiann(リュウとぴあん)さん  2014年4月19日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 表現の強度が凄い ネタバレ! 街が破壊され生活もままならず、明日撃たれて死ぬかもしれないし、宗教的な抑圧もある環境で生まれる音楽の強さが圧倒的だった。やらなければ生きていけない表現とはこういうことだと引っぱたかれた気分だった... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2014年4月10日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 胸が熱くなる 苛酷な状況に一撃を加える言葉と音楽の力に胸を突かれて、思わず目頭が熱くなり、こぶしに力が入った。アラブとかパレスチナとか関係なく、同じ人間として共感できる映画だった。女性ラッパーたちの勇気にも脱帽。 ...続きを読む

    まゆまま まゆままさん  2013年12月14日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 自由と壁とヒップホップのすべての映画レビュー
  • 自由と壁とヒップホップの映画レビューを書く

他のユーザーは「自由と壁とヒップホップ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報