さいはてにて やさしい香りと待ちながら : 映画評論・批評

さいはてにて やさしい香りと待ちながら

劇場公開日 2015年2月28日
2015年2月24日更新 2015年2月28日よりロードショー

能登の海辺で、ダメ男との訣別を果たす女たちの凛とした叙情

昨年からテレビや映画や少女漫画において熱い売り言葉として席巻している「壁ドン」「床ドン」現象に辟易している方にぜひ、本作をお奨めしたい。ツンデレ王子に都合よく押し倒されたいという、受け身女子の依存願望が炸裂する「壁ドン」現象と、この作品の立ち位置は真逆。ダメ男への甘い感傷に決別する自立をテーマとしていて、その凛とした厳しさが観ていて気持ちいい。

この「ダメ男」という設定も、幼少期に別れたきりの父親となっていてひねりが効いている。永作博美演じる主人公の岬は行方不明中の父の借金を負い、彼の唯一の財産である北陸の荒れ果てた船小屋を受け継ぐ。映画は彼女がこの小屋を住居兼コーヒーの焙煎喫茶店として生まれ変わらせていく過程を見せていくのだが、彼女演じる岬が夕陽で染め上げられピンク色の海を自分一人の絶景として小屋から眺める場面だけで、この映画を見る価値はあると言っていい。慣れた手つきで豆を選別し、小さな身体で大きな焙煎機を使いこなす永作博美の一連の動きも美しい。

画像1

もうひとつ、本作を面白くさせているのは佐々木希の演じる山崎絵里子の存在だ。中卒で2児を抱えるシングルマザーのやさぐれ具合をちゃんと体温が通った女として演じている。家の前に越してきた岬の暮らしを盗み見ることで、自分との境遇に苛立ち、だからこそ忌み嫌う。幼い2人の子どもたちが好奇心で岬に近づいていくのも許せない。子役2人の自然な演技も相まって、立場の違う女性2人の間に生じる緊張した感情のやり取りが面白い。その才を請われ、東映でメガホンをとった台湾の女性監督・姜秀瓊(チアン・ショウチョン)の演出の力が感じ取れ、こういうドラマをもっと日本映画で見たいと思う。

ひとつ難を言えば、後半、岬の焙煎小屋で働くある女性が給料袋を前に発する「こんなに(多い)?」の台詞。その一言で語られない岬の背景は「大金持ち?」という変な想像が介入し、以後、彼女がメアリー・ポピンズに見えて困った。監督は日本語がわからないので、しょうがないのかもしれないが、繊細な演出を積み重ねているだけに惜しい。とはいえ映画全体を損なうわけではなく、舞台となった能登半島へいつか行ってみたい。

金原由佳

関連コンテンツ

インタビュー

佐々木希、女優としての確固たる決意 もがいた果てにつかんだ新境地
インタビュー

俳優はキャリアを積み重ねていく上で、後にターニングポイントになったと思える作品があれば幸せだ。佐々木希にとっては「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」が間違いなくその1本になるだろう。初の母親役、しかもシングルマザーという、これま...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

さいはてにて やさしい香りと待ちながら[DVD] ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BOX[DVD] R246 STORY ユースケ・サンタマリア 監督作品 「弁当夫婦」[DVD] 一番大切なデート 東京の空・上海の夢[DVD]
さいはてにて やさしい香りと待ちながら[DVD] ラストプレゼント 娘と生きる最後の夏 DVD-BOX[DVD] R246 STORY ユースケ・サンタマリア 監督作品 「弁当夫婦」[DVD] 一番大切なデート 東京の空・上海の夢[DVD]
発売日:2015年9月9日 最安価格: ¥3,926 発売日:2004年12月22日 最安価格: ¥15,332 発売日:2009年4月15日 最安価格: ¥2,527 発売日:2004年11月26日 最安価格: ¥5,054
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全24件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi