オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ
ホーム > 作品情報 > 映画「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」
メニュー

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

劇場公開日

解説

「リミッツ・オブ・コントロール」(2009)以来、約4年ぶりとなるジム・ジャームッシュの監督作。ミュージシャンと吸血鬼を題材に描くラブストーリーで、トム・ヒドルストンとティルダ・スウィントンが、孤独な宿命を背負った吸血鬼のカップルを演じた。吸血鬼でありながら、マルチミュージシャンとして活躍するアダムは、自己破滅的な人間たちの振る舞いを憂えていた。そんなある日、何世紀にもわたり愛し合ってきた恋人で、吸血鬼のイヴと久しぶりに再会。しかし、イヴの妹エヴァが2人のもとを訪れたことをきっかけに、3人の運命がゆっくりと変わっていく。共演にミア・ワシコウスカ、ジョン・ハート、アントン・イェルチン。

作品データ

原題 Only Lovers Left Alive
製作年 2013年
製作国 アメリカ・イギリス・ドイツ合作
配給 ロングライド
上映時間 123分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第66回 カンヌ国際映画祭(2013年)

出品
コンペティション部門
出品作品 ジム・ジャームッシュ

インタビュー

スタイリッシュなバンパイアを演じたティルダ・スウィントンが語るジム・ジャームッシュとの仕事
インタビュー

スレンダーな長身に、透き通るような肌とブロンドの短髪がなおさら中性的な雰囲気をたたえたティルダ・スウィントン。目の前にする彼女は「オルランド」時代と変わらぬ惚れ惚れするほどのオーラを放ちながらも、自然体の魅力を漂わせている。常人とは異...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

映画史上最もクールでアーティスティックなバンパイアの登場
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの映画評論・批評

いま流行のバンパイア映画だが、まったくもってこれはジム・ジャームッシュ映画以外の何者でもない。「デッドマン」のジョニー・デップをはじめ、ジャームッシュ映画の主人公たちがつねに社会の周辺に生きるマージナルな存在であるという点で、彼の作品...オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全22件)
  • ジャームッシュの大傑作! 文学、映画、音楽等の芸術をめぐる歴史を、資本主義(経済利己主義?)に塗れた「ゾンビ」と、過去の芸術を見守る「吸血鬼」(=天使)との闘い(?)として、時にメランコリック、時にユーモラスに描いたジャ... ...続きを読む

    veracruz veracruzさん  2017年9月2日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 面白いかどうかというより お宝感満載で コレクションにしたい 役者... 面白いかどうかというより お宝感満載で コレクションにしたい 役者とか映像だけで見ごたえがあったしストーリーはどうでも良い感じ ...続きを読む

    ふうさん ふうさんさん  2016年10月8日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 吸血鬼の日常に現状。 変わり代わりの時代、文明を生き続け歴史を背負って生きて来た貴族的な雰囲気のヴァンパイア男女の現代での生活をジャームッシュ趣向全開で廃れたデトロイトにモロッコの雰囲気とロックンロールな映画だ。 ラ... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2016年6月13日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi