渇き。 : 映画評論・批評

メニュー

渇き。

劇場公開日 2014年6月27日
2014年6月24日更新 2014年6月27日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほかにてロードショー

小松菜奈の魅力が牽引し、日本映画の職人技が満たす「ただものじゃない何か」

中島哲也は女優を輝かせる監督だ。「下妻物語」が深田恭子、「嫌われ松子の一生」が中谷美紀、「告白」が松たか子の映画だとしたら、本作は小松菜奈の映画だろう。彼女の魔術的な可愛さが「映画の推進力」となって、観ているぼくらは2時間のエログロ話につき合うはめになるのだ。彼女が魅力的でなかったとしたら、説得力は皆無だったろう。そういう意味では、小松の起用で映画は80%成功している。

画像1

原作は「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生のベストセラー・ミステリー小説「果てしなき渇き」。元刑事で今は警備員をしている主人公・藤島昭和(役所広司)が、別れた妻から行方不明になった娘、加奈子(小松菜奈)の捜索を依頼されるという話だ。この男、ギラギラした野獣のようで、タバコをスパスパ喫い、よくギトギトと汗をかく。その新陳代謝に比例するかのごとく次から次へと事件に巻き込まれ、その暴力性を加速させて映画は凶暴になっていく。おびただしい血しぶきが飛び出るのだが、完全に野獣になった主人公は無敵なのだ、もう漫画のように。おそらく来年の演技賞を総なめにしそうな役所の怪演にニンマリしてしまう。目を背けたくなる残虐シーンにはきまって唐突に劇画調アニメが挿入され、暴力性を若干弱めている。

残り20%はストーリー性のカタルシスが担うべきところなのだが、お世辞にも本作は「後味が良い」とはいえない。肝心の娘探しのストーリーが尻切れトンボのようになっていて、見せるべき帰結が弱く、どうも釈然としないのだ。

だが、日本映画の現在を見渡したら、撮影(阿藤正一)や編集(小池義幸)は最高水準の技術といえる。この仕事がもたらすリズムはすごくて、「ただものじゃない何か」を観た充足感で満たしてくれる。それだけに、この難しい企画にゴーサインを出した映画会社には、素直に拍手を送りたいのだ。

佐藤睦雄

関連コンテンツ

インタビュー

役所広司&小松菜奈が語り尽くす、中島哲也監督と過ごした濃密な時間
インタビュー

常に“期待を超えるもの”を模索し映画を撮り続けてきた鬼才・中島哲也監督は、4年ぶりに手がけた劇映画「渇き。」で再び観客を驚がくさせる。中島監督と言えば、“名前”だけで観客を呼べる希少な映画監督。映画にエンタテインメント性と作家性を共存...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

渇き[DVD] 渇き。 DVDプレミアム・エディション〈2枚組+サントラCD付〉【数量限定】[DVD] 渇き。 Blu-rayプレミアム・エディション〈2枚組+サントラ...[Blu-ray/ブルーレイ] 渇きの街[DVD]
渇き[DVD] 渇き。 DVDプレミアム・エディション〈2枚組+サントラCD付〉【数量限定】[DVD] 渇き。 Blu-rayプレミアム・エディション〈2枚組+サントラ...[Blu-ray/ブルーレイ] 渇きの街[DVD]
発売日:2010年7月23日 最安価格: ¥4,104 発売日:2014年12月19日 最安価格: ¥3,836 発売日:2014年12月19日 最安価格: ¥4,727 発売日:2005年12月22日 最安価格: ¥4,104
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全266件)
  • よくわからない 公式サイトの宣伝が斬新で面白そうだったのと、小松菜奈ちゃんが大好きなのでレンタルして見ました。 結果、最後まで見てもよくわからない…。謎が残るとかいう訳ではないけども、何がしたかったのかがわから... ...続きを読む

    稚魚 稚魚さん  2017年3月17日 22:35  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 凄い 各俳優さんの個性がストレートに出ている、と感じました。要所要所の妻夫木氏のいやらしさは、新境地でもないけど、新鮮でした。がゆえに、原作読んでおけば良かった… ...続きを読む

    eita eitaさん  2017年1月17日 08:42  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 本を読んでいないとわからない内容 本を読んでいないとわからない内容 ...続きを読む

    ひ さん  2017年1月10日 02:42  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • キングコング 髑髏島の巨神 キングコング 髑髏島の巨神 コングの勇姿と敵モンスターとの死闘が、怪獣映画の本質とは何かを教えてくれる。
  • ムーンライト ムーンライト 少年の成長譚から、甘酸っぱく狂おしいメロドラマへ。映画は見事な大変身を遂げる
  • はじまりへの旅 はじまりへの旅 繊細でエキセントリックな魅力を放つ、ヴィゴ・モーテンセン版「リトル・ミス・サンシャイン」
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi