ニシノユキヒコの恋と冒険 インタビュー: 竹野内豊「ニシノユキヒコの恋と冒険」で見つけた新たな引き出し

ホーム > 作品情報 > 映画「ニシノユキヒコの恋と冒険」 > インタビュー > 竹野内豊「ニシノユキヒコの恋と冒険」で見つけた新たな引き出し
メニュー

ニシノユキヒコの恋と冒険

劇場公開日 2014年2月8日
2014年2月3日更新
画像1

竹野内豊「ニシノユキヒコの恋と冒険」で見つけた新たな引き出し

竹野内豊がモテる男に扮する。さも有りなんと思えるキャスティングだが、「ニシノユキヒコの恋と冒険」で演じたタイトルロールはひと味もふた味も違う。恋に落ちた女性にことごとくフラれてしまうのだ。決して致命的な欠陥があるわけではない。そんな不可思議な主人公を、リアルかつ浮遊感を漂わせてスクリーンに現出させた。かねて注目していた井口奈己監督の演出を体感して見つけたという、竹野内の新たな引き出しとは?(取材・文/鈴木元、写真/堀弥生)

ニシノユキヒコは仕事もでき、セックスも抜群、何より女性に優しい。これに竹野内のルックスが加われば怖いものなし、と小市民的には思ってしまう。だが、恋はそれほど単純ではない。言い寄られてはフラれるニシノの魅力を、竹野内本人もいまだ計りかねている。

「試写を拝見した後でも、男目線で見るとなぜこんなにも多くの女性から愛されてフラれるのか、フラれてもモテ続けられるのか、ちょっと首をかしげたくなるようなところはあります。でも、分からないということが結局、冒険ということだろうと自分なりには解釈しちゃっています」

そもそも出演する決め手となったのは、井口監督の存在。前作の「人のセックスを笑うな」(2008)を見て、その世界観に魅了された。

「『人のセックスを笑うな』の永作博美さんと松山ケンイチさんの空気感を見ても一目りょう然だと思いますけれど、作られた感がないというか、まるでドキュメンタリーを見ているような恥ずかしさに陥りますよね。それが井口ワールドというか、ニシノユキヒコの話に井口監督演出、なんか面白い感じになるんじゃないかって。こういうチャンスがないと井口組に参加できる機会もない。ぜひやらせていただきたいと思いました」

井口監督からは「あまり気負わず、作り込んだりせずに、普段のご自身のままでいいですよ」と求められたという。だが、自然体の演技こそ俳優にとっては最も難しいといわれる。しかも、井口演出はカットを割らない長回しが特色。それを現場で存分に味わうことになる。

「役者が役を演じようとすることよりも、リアルにその場で起こる現実をカメラに残したいという思いがすごく強いんだと思います。台本で決められた部分が終わっても、ずーっとカメラを止めずにいたこともありました。それは意地悪で長回しをするということではなく、監督がカットをかけるのを忘れちゃったりするんですよ。『随分、長かったですね』って言っても、ケロッとした顔で『そうだったっけ? でも面白かったからずっと見ちゃいました』って。でも、監督のことを信頼できているからこそできるとは思います。まあ、嫌ですけれど(苦笑)」

無意識で悪意のない“ドS演出”。実はその“洗礼”を撮影初日から受けている。上司の尾野真千子と付き合い始め、じゃれ合うシーンだ。2004年の主演ドラマ「人間の証明」に尾野は端役で出演しているが、すれ違うくらいの設定で竹野内の記憶にはなく、実質的な初共演といえる。

「今日はよろしくお願いしますと言って、そのままイチャイチャするようなシーンだったんです。テストをやって、『じゃあ本番は、今の10倍以上ラブラブでお願いしまーす』と言われ挑んだんですけれど、台本上は終わっているのにカットがかからない。どうしたらいいのかなあ、でも10倍以上イチャイチャしてくださいって言われたしなあ。じゃあ、どうしたらいいんだろうって必死でしたね」

尾野のほかにも“交際相手”は麻生久美子阿川佐和子成海璃子木村文乃本田翼と魅力的な女性ばかり。スタッフにも女性が多かったそうで、なかなか体験のできない現場だったという。実際にモテているな、と錯覚することはなかったのだろうか。

「どうなんでしょう。まあ、疑似体験はできていたのかな。けっこう男くさい現場にいることも多かったので、これだけ女性が多い現場でしかもキャストはほぼ女性ですから。その前に男くさい現場(テレビ朝日の主演ドラマ「オリンピックの身代金」)にいたもので、だから華があるよなって。明るいんですよ、穏やかな感じで。だからとても幸せな現場でした」

それでは、自身の結婚観はどうなのだろう。「それねえ、どの取材でも必ず聞かれるんですよね」と苦笑しつつも持論を披歴した。

「この年(43歳)まで結婚していないと、余程何かおかしな人じゃないかって思われるかもしれないんですけれど、いたって普通にたまたまあぶれちゃっただけです。今まで結婚するかもしれないっていうこともあったので。でも、タイミングが合わなかっただけですよ。この年で結婚したいなんて、声を大にして言えるものじゃないですけれど、そういうご縁があったらということです。まだ未体験なので夢見ているだけかもしれないですけれど、きっと自分にとっては仕事は重要な人生の一部ですけれど、それ以上に大切な場所になるかもしれないですよね」

だが、井口監督との縁によって生み出されたニシノユキヒコは、どこかフワフワとした印象を与えつつも、女性には常に真摯に向き合う姿はリアリティに満ちている。なんとも希有なキャラクターで、竹野内も新境地を実感しているようだ。

「井口監督とご一緒できたことで、自分でも今まで気付かなかったような引き出しを新たに発見することができました。やはり今後も、そういう引き出しを開けられるようなチャンスに恵まれればいいと思います」

昨今は映画「謝罪の王様」やJTの缶コーヒー「Roots」のCMなどで、クールなだけでなく、いたってマジメに面白さを醸し演技の幅を広げ続けている印象がある。これも、好機を逃さない感性の鋭さのたまものだろう。

「いろいろな違う役をどんどんやっていきたいというのは、ごくごく自然なこと。ただし、アクションや悪役など、経験していない役はたくさんあって興味はありますけれど、自分はこんなこともできます的な感じではやりたくないです。中途半端があまり好きではないので、最初から何かイメージが決められたものより、自分がこういう役目をいただけるチャンスがあったら、その時は縁を大切にできたらと思います」

最後に「井口監督とは、いい縁だったか」と問うと、「そうですね。楽しかったです」と満足げな笑顔を見せた。今年が俳優デビューから20年の節目。ベテランの域に入ったが、竹野内の引き出しは、まだまだ増え続けていくに違いない。

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ニシノユキヒコの恋と冒険 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ニシノユキヒコの恋と冒険 DVD[DVD] シン・ゴジラ Blu-ray特別版[Blu-ray/ブルーレイ] シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu...[Blu-ray/ブルーレイ]
ニシノユキヒコの恋と冒険 Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ニシノユキヒコの恋と冒険 DVD[DVD] シン・ゴジラ Blu-ray特別版[Blu-ray/ブルーレイ] シン・ゴジラ Blu-ray特別版4K Ultra HD Blu...[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2014年8月20日 最安価格: ¥4,600 発売日:2014年8月20日 最安価格: ¥3,959 発売日:2017年3月22日 最安価格: ¥5,434 発売日:2017年3月22日 最安価格: ¥7,908
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
2.8 2.8 (全29件)
  • 原作は好きじゃないんだけど、竹野内くんが主演だから見た! 竹野内くんはかっこいいけど、お話は、やっぱり好きになれない…。 ...続きを読む

    海(カイ) 海(カイ)さん  2016年5月19日 23:44  評価:-
    このレビューに共感した/0人
  • みんな美人 ルック△ シナリオ◯ アクター◯ デプス◯ ラスト◯ オススメ△ 今になればキャスト豪華ですよね! なんか恋愛って難しく感じられた。とにかく中村ゆりかちゃんと木村文乃さん美人ですな〜ニシノユキ... ...続きを読む

    つんつこ つんつこさん  2016年4月10日 05:32  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • なんだこの世界… まあとにかく竹野内豊かっこよし。 何してもかっこよし。 白も似合う帽子も似合う 言うことなし。 そしてそれを取り巻く美女陣。 麻生久美子はそりゃもう綺麗だし 中村ゆりかちゃんも端正な顔立ちで ... ...続きを読む

    JYARI JYARIさん  2015年11月15日 01:26  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー PとJK “似た者夫婦”亀梨和也&土屋太鳳に芽生えた敬愛と信頼
  • インタビュー サクラダリセット 前篇 野村周平&黒島結菜&平祐奈の“共闘”を支えた深川栄洋監督の魔法の言葉
  • インタビュー ひるなかの流星 永野芽郁、三浦翔平より白濱亜嵐派!? 2人の“お兄様”と恋に生きた「ひるなかの流星」
インタビューの一覧を見る
Jobnavi