書くことの重さ 作家 佐藤泰志のレビュー・感想・評価

書くことの重さ 作家 佐藤泰志

劇場公開日 2013年10月5日
1件を表示 映画レビューを書く

軽い印象 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

再現ドラマ部分は果たして必要だったのか?鑑賞者の想像力にブレーキをかけるような効果しか感じられなかった。
佐藤泰志が自ら命をたったいきさつや、そう言った心情が極まって行った過程の中でそれを身近で見て生活を共にしていたはずの妻子のインタビューが一切無く、ゆえに彼が背負った書くことの重さを測ることが不可能となってしまっている。映画制作者によると遺族への配慮ということであったが、それは映画制作者が佐藤泰志の背負った重さを背負いきれなかったと言う現れなのではないだろうか。
小説家の背負ったものの重さをスクリーンを通して実感したく映画館に足を運んだが、やはりそれは小説を通してのみ可能なことなのだろうか。

Jungo
Jungoさん / 2013年11月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi